福井大学 COC 地(知)の拠点

ホーム >  福井大学 COC 地(知)の拠点
福井大学 COC 地(知)の拠点
地域を志向して人を育み、地域を活かす福井の知の拠点づくり

福井大学は、この「ふくい」という「地」そして本学の「知」をキーワードに、地域にとってなくてはならない「知の拠点」づくりを進めていきます。

の拠点イメージ

県内唯一の国立大学として、福井の地域課題としてクローズアップされる「人材育成」、「ものづくり・産業振興・技術経営」、「地域医療の向上」、「持続可能な社会・環境づくり」および「原子力関連分野の人材育成、防災体制の確立」の重点5分野について、全学体制で戦略的に取り組んでいきます。

このCOCの取り組みは、全国の国公私立大学が文部科学省に申請した『平成25年度「地(知)の拠点整備事業(COC※事業)」』の採択に基づく取り組みです。申請数319件のうち採択数は52件で県内では福井大学だけが採択されました。

本学の学生や教員がこの福井県の環境や街、産業、エネルギーなどの課題と向き合い、学内だけでなく、それぞれの現場を学び・研究のフィールドとします。

地域に根ざした教育・研究活動を通じ、世界に通用する人材を創出していきます。

課題の体系的学習

地域の課題解決に向けた人材育成のためのカリキュラム編成を行います。

  1. 分野全体の課題認識、問題関心を高めるため、共通・教養教育における主要分野のカリキュラム化(地域コア・カリキュラム)
  2. 専門教育で深く学習するための専門科目と地域コア・カリキュラムのつながりを持たせたカリキュラムを設定

アクティブ・ラーニングへの転換

学生が主体的に自治体や地元企業に出かけて、体験学習、フィールドワーク、グループディスカッション等を通じ、課題を見つけ、解決方法を追求しながら学びを深めます。

地域コア・カリキュラムの構築 アクティブラーニングへの転換

COC通信 地域を志向して人を育み、地域を活かす福井の知の拠点づくり

  1. 福井の地(知)の拠点づくり
  2. 福井の魅力を未来に伝える
  3. 福井の子どもの成長を支援する
  4. 原子力防災で世界のスタンダードに
  5. 理科教育のスペシャリストを養成
  6. 先端機器で地元企業を技術支援
※COCは「Center of Community(センター・オブ・コミュニティ)」の名称です。COC事業について詳しくは文部科学省のホームページをご覧ください。