大学案内

ホーム >  大学案内 >  データ >  交通アクセス >  文京・松岡キャンパスへの自動車の入構について >  文京キャンパスへの自動車の臨時入構について

文京キャンパスへの自動車の臨時入構について

自動車での入構方法

  • 学外者(本学にて開催される行事等の参加者、取引業者等)
    正門横の守衛所にて、臨時入構の受付をし、券売機にて入構料を納付してください。
    守衛所にて受付完了後、当日に限りカーゲートを通過し入構することができます。
  • 学内者(臨時入構の許可を得た教職員・学生等)
    事前申請により臨時入構許可を得た場合に限り、入構することができます。
    なお、教職員が急務のため入構する場合は、正門横の守衛所にて、臨時入構の受付をし、入構することができます。
    入構料は守衛所又は教務課の券売機にて納付してください。
    臨時入構許可申請書[Word][PDF]の提出、問い合わせは担当窓口へお願いします。
    担当窓口:文京キャンパス 本部棟1階 経理課総務係
    TEL 0776-27-8066 FAX 0776-27-8870
    Mail zzsoumu-k※ad.u-fukui.ac.jp
    (注)メールアドレスの※マークは半角@に置き換えてください。
  • 注意事項

(1)下記の入構料金表にある入構許可基準を満たす場合、自動車により入構することができます。
(2)入構許可基準を満たさないが、特段の理由により自動車による入構を希望する場合は、担当窓口にご相談ください。
(3)大学行事、大学構内の駐車状況、冬期間の積雪時等により、入構・交通規制を行うことがあります。そのため、入構許可基準を満たす場合でも、入構をお断りすることがありますのでご了承ください。

入構料金表

対象者区分 入構許可基準 入構許可期間
の上限
日額 納付方法
職員 ①教育研究等が早朝又は深夜におよび公共交通機関(電車、バス)が利用できないため、一定期間臨時に自動車により入出構する必要があると認める者
②教育研究用物品等の搬入・搬出が自動車によらなければならないと認める者
当日 300円 守衛所にて入構受付時に券売機により現金納付

※学生が課外活動で臨時入構する場合は、教務課の券売機により現金納付

派遣職員
大学関係団体等(生協、同窓会等)職員
大学業務の請負業者
大学院学生、
学部学生、
研究生、
科目等履修生等
①実験・実習等のため一時的に入構が必要であると担当教員が承諾した者 当日 100円
②課外活動等のため一時的に入構が必要であると学生サービス課長が承諾した者
取引業者 守衛に申し出て入構の許可を得た者 当日 100円
工事関係車両
共同研究者
一般来学者
学外者が企画した行事等の参加者
(ポータブル入構受付機を貸し出す場合 1台1日につき2,000円)
他キャンパスの職員で業務のため入構する者 守衛に申し出て入構の許可を得た者 当日 免除
非常勤講師
学外委員
消防車、救急車等の緊急車両
郵便局、宅配便、
タクシー、バス等の車両
本学が主催する行事等の参加者
(公開講座・市民開放プログラムの受講生、寄付金等の入金のため入構する者、本学同窓会の行事のため入構する者を含む)
臨時入構無料券の交付を受けた者

カーゲートの通過方法

臨時入構の受付をした自動車にてカーゲートに進入

カーゲートのバー手前にて必ず一旦停止

自動車のナンバープレートを読み取って、許可車両の場合、ゲートバーが上がる

ゲートバーが上がったことを確認後、通過する

通過後、ゲートバーが下がる

(注意事項)
  • 前の自動車が通過し、ゲートバーが下がった後に、カーゲートに進入してください。
    前の自動車につられてカーゲートを通過すると、通過途中にゲートバーが下がり、バー等が破損することがあります。その場合は、実費弁償となりますので、ご留意ください。
  • 自動車のナンバープレートに汚れがついていたり、ナンバープレートの設置位置・角度が特殊な場合、及び特殊車両の場合等は、ナンバープレートを正常に読み取りできず、ゲートバーが上がりません。その場合は、守衛所にご連絡ください。
  • 構内における車両の制限速度は時速20kmとし、歩行者の安全を最優先に、交通安全及び騒音防止に努めてください。
  • 大学構内における事故及び盗難等については、本学は一切責任を負いません。
  • 大学構内の設備・備品等を破損した場合は、実費弁償となりますので、ご留意ください。