大学案内

ホーム >  大学案内 >  情報公開 >  個人情報保護 >  個人情報保護制度・手続きについて

個人情報保護制度・手続きについて

個人情報保護制度の概要

独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第59号)に基づき、福井大学(以下「本学」という。)の保有する自己に関する個人情報について、どなたでも、開示を請求することができます。(未成年者・成年被後見人の法定代理人は、本人に代わって請求することができます。訂正請求、利用停止請求についても同じです。)

個人情報の開示請求の手続き

開示請求をされる方は、「保有個人情報開示請求書」に必要事項を記載して、総務部総務課(個人情報保護窓口)に提出するか、郵送してください。

なお、開示請求に係る手数料は1件につき300円です。

  1. 窓口に来所して開示請求をする場合、本人確認のため、運転免許証、健康保険の被保険者証、外国人登録証明書、住民基本台帳カード等の住所・氏名が記載されている書類を掲示・提出してください。
  2. 送付による開示請求の場合、1.本人確認書類を複写機により複写したものに併せて、住民票の写し又は外国人登録原票の写しを提出してください。
  3. 法定代理人による開示請求の場合のみ、「本人の状況等」欄に記載してください。必要な記載事項は、保有個人情報の本人の状況、氏名、本人の住所又は居所です。
    法定代理人が開示請求をする場合には、法定代理人自身に係る 1.に掲げる書類又は 2.に掲げる書類に併せて、戸籍抄本その他、法定代理人であることを証明する書類(ただし、開示請求の前30日以内に作成されたものに限ります。)を提出してください。

開示請求にあたっては、総務部総務課(電話0776-27-8936)にご相談ください。

開示等の決定

開示請求があったときは、補正に要した日数を除き、原則として開示請求があった日から起算して30日以内に開示等の決定をする。

開示の実施

開示は、閲覧又は写しの交付等により実施します。開示の決定通知を受けた方は、決定通知があった日から30日以内に、決定通知書に「保有個人情報の開示の実施方法等申出書」により閲覧又は写しの交付等の開示の実施方法をお知らせ下さい。なお、送付に要する費用は、郵便切手により納付してください。

保有個人情報の訂正及び利用停止

開示を受けた個人情報について、内容が事実でないと思うときは、訂正を請求することができます。また、不適法な取得、利用又は提出が行われていると思うときは、利用の停止等を請求することができます。本学は、訂正請求又は利用停止の請求に理由があると認めるときは、利用目的の達成に必要な範囲で訂正、又は適正な取扱いを確保するために必要な範囲で利用の停止を行います。

審査請求

開示・訂正・利用停止決定等に不服がある場合には、決定通知があった翌日から起算して90日以内に、本学に審査請求をすることができます。
審査請求があった場合には、原則として、情報公開・個人情報保護審査会に諮問した上で、審査請求に対する決定を行います。

詳細につきましては、下記の担当までお問い合わせください。

お問い合わせ

〒910-8507 福井市文京3丁目9-1 福井大学総務部総務課 TEL番号:(0776)-27-8936