大学案内

【第3回】福井の子どもの成長を支援する

福井大学 COC 地(知)の拠点
地域を志向して人を育み、地域を活かす福井の知の拠点づくり

シリーズ2 地域医療の向上

福井大学「子どものこころの発達研究センター」がCOC事業で実施しているのが0歳から5歳まで、子どもたちの成長を追跡する研究です。医学部のある永平寺町と連携し、親の同意を得て、発達状況を調査。視線測定や歩行分析などを行い、発達障がいのサインを予測する研究を行っています。また、医学部附属病院に2011年に開設した「子どものこころ診療部」で診断結果を分析、発達障がいの治療にもフィードバックしています。

同センターの友田明美教授は「地域や社会の課題に気づき、地域と大学が協働して解決をめざすことは、COCの根源ではないでしょうか。発達の問題点を早期発見できれば早い段階で療育や適切な施設のサポートが得られ、子育て支援にもつながります」と話し、その成果は社会的にも大きな意義を持つものとなっています。

子どもの心や発達の問題を専門に治療・研究する診療部は数少なく、全国から相談に訪れる受診者も増えています。「子どもの心のケアは21世紀の大きな課題です。地域に根ざした研究の成果を、広く役立てられたら」(友田教授)という意欲的な実践に、大きな期待が寄せられています。

福大COCとは?

福井大学は文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択され、福井県をはじめとする自治体とともに様々な分野で連携し、地域の課題解決に取り組んでいます。

福大COC通信vol.3

福大COC通信vol.3

COC通信 地域を志向して人を育み、地域を活かす福井の知の拠点づくり

  1. 福井の地(知)の拠点づくり
  2. 福井の魅力を未来に伝える
  3. 福井の子どもの成長を支援する
  4. 原子力防災で世界のスタンダードに
  5. 理科教育のスペシャリストを養成
  6. 先端機器で地元企業を技術支援
※COCは「Center of Community(センター・オブ・コミュニティ)」の名称です。COC事業について詳しくは文部科学省のホームページをご覧ください。
http: //www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/coc/