学生生活・就職

奨学金制度

大学・大学院に在学する学生で、人物・学業ともに優秀かつ健康であり、経済的理由により修学が困難と認められる者に対しては、独立行政法人日本学生支援機構や都道府県・市町村等の地方公共団体、公益法人の奨学金・育英会等の奨学制度があります。

大学の奨学金窓口

文京キャンパス 学生サービス課 奨学担当
松岡キャンパス 松岡キャンパス学務室

独立行政法人日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構奨学金は貸与制なので、卒業又は退学後、必ず返還しなければなりません。

種類及び貸与月額

学部
奨学金の種類 貸与月額 備考
第一種奨学金 自宅通学者 45,000円
自宅外通学者 51,000円
又は、30,000円の何れかを選択
無利子
第二種奨学金 希望する月額を次の中から選ぶ。
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円
有利子(在学期間中は無利子)利率は固定型、又は見直し型より選択する。
大学院
奨学金の種類 貸与月額 備考
第一種奨学金 修士・博士前期課程 88,000円又は、50,000円の何れかを選択
博士後期課程 122,000円又は、80,000円の何れかを選択
無利子
第二種奨学金 希望する月額を次の中から選ぶ。
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円
有利子(在学期間中は無利子)利率は固定型、又は見直し型より選択する。

日本学生支援機構が定める収入基準を満たす場合には、「第一種奨学金」「第二種奨学金」の併用貸与を受けることもできますが、返還総額が多額になりますので、第二種奨学金の月額については、卒業後返還する場合のことを考えて慎重に選択してください。

出願

毎年4月に新規奨学生募集説明会を開催し、出願用紙等及び説明書類を交付しますから、必要書類を整えて指定された期日までに、奨学金窓口へ提出してください。なお、年度途中に家計急変・災害等の特別な事情が生じた場合には、緊急・応急採用で奨学金が申請できる場合もありますので、速やかに奨学金窓口へ相談に来てください。

採用

出願者について人物、健康、学力及び家計を審査し、適格者を選考の上、日本学生支援機構に推薦します。適格者であっても採用人数の関係上、採用にならない場合があります。

日本学生支援機構の奨学生として採用された学生には、奨学生証としおりを配布しますので、必ず、奨学金窓口まで取りに来てください。

貸与期間

貸与を受けられる期間は、独立行政法人日本学生支援機構の定める奨学金貸与開始の月から、最短修業年限の最終月までです。

奨学金の交付

奨学金は、届出のあった各自の普通預金口座に、原則として毎月1回、当月分が独立行政法人日本学生支援機構から振り込まれます。

奨学金継続願の提出

奨学生は、毎年12月にインターネットを利用して「奨学金継続願」の提出が必要です。継続願が提出されない時は、日本学生支援機構において奨学金の廃止の措置がとられます。奨学金の継続を希望しない場合でも、「奨学金継続願」の提出が必要です。その場合は、「奨学金継続願」を提出する前に奨学金窓口まで申し出て確認を受けた後、奨学金辞退のための入力手続きを行ってください。

学業成績

成績が著しく不良であったり、単位が不足したりすると、日本学生支援機構より警告、停止、廃止等の措置がとられますので、学修意欲をもって成績の向上に努めてください。

奨学金の返還

卒業又は退学後、リレー口座(郵便局又は銀行の預貯金口座からの自動引落)により、必ず返還しなければなりません。

なお、奨学金の返還については、返還説明会を開催して詳細を説明します。

奨学金の返還猶予及び免除

返還猶予

  1. 在学猶予
    奨学金の借用終了後も大学に在籍する場合、又は卒業後、進学する場合は、「在学届」の提出により、在学期間中は返還が猶予されます。
  2. 一般猶予
    災害・傷病・失業等により返還が困難になった場合は、願い出により一定期間返還が猶予される場合があります。

返還免除

  1. 死亡、精神若しくは身体の障害による免除
    奨学生本人の死亡により返還ができなくなった場合、奨学金本人が精神若しくは身体の障害により返還ができなくなった場合は、願い出により返還が免除される場合があります。
  2. 特に優れた業績による返還免除
    大学院第一種奨学金貸与者で、大学院在学中に特に優れた業績をあげた者として、大学から推薦され、日本学生支援機構が認定した場合に、大学院で貸与を受けた第一種奨学金の全部又は一部の返還が免除される制度です。

奨学生の提出書類等

奨学生に採用された学生は、事項に応じて次の書類を提出しなければなりません。

提出書類 事項 提出期日
在学届 本学入学前に日本学生支援機構(前日本育英会)の奨学生であった者、奨学金の返還猶予を希望する場合 入学年度の4月30日まで
採用候補者決定通知 本学入学前に大学(院)奨学生採用候補者として決定されている場合 学生サービス課又は、松岡キャンパス学務室の指示により、大学(院)入学後、速やかに提出
返還誓約書 <平成21年度以前に奨学生に採用された者>

  • 卒業又は退学する時
  • 在学途中に奨学金を辞退する時
  • 奨学金が廃止になった時

<平成22年度以降に奨学生に採用された者>

  • 奨学生として採用された時
    (指定期日までに返還誓約書の提出がない場合は、日本学生支援機構より採用取消の措置が取られます。)
学生サービス課又は、松岡キャンパス学務室の指示による
異動願(届) 奨学生が休学(留学含む)・退学する時
奨学生が死亡した時
奨学金を辞退する時
異動が生じた時、及び理由発生の都度、速やかに、学生サービス課又は、松岡キャンパス学務室で手続きを行う。
改氏名届 奨学生の氏名に変更が生じた時
奨学金貸与月額変更願 奨学金の貸与額を増・減額したい時
奨学金振込口座変更届 奨学金の振り込まれる銀行の預金口座を変更したい時
確認書
「連帯保証人(変更・転居)届」
平成21年度以前に奨学生に採用された者で、奨学生の連帯保証人に住所や氏名等に変更が生じた場合
返還誓約書変更届 平成22年度以降採用者で、先に提出した返還誓約書の内容に変更が生じた時
(連帯保証人・保証人の住所・氏名変更等)

都道府県・公益法人等の奨学金

これらの奨学金については、奨学生の募集がある場合に学内掲示板で案内します。

福井大学独自奨学金

福井大学基金予約型奨学金

福井大学への進学を強く希望している受験生の皆様に対し、入学後の修学に必要な経済的支援を行うことを目的とした奨学金です。入試出願前に奨学金を申請していただき、内定した方が入試に合格し入学した場合、所定の手続きを取ることで奨学生として正式に採用され、30万円が給付されます。なお、この奨学金は給付型の奨学金で、返還の必要はありません。
詳細はこちら →(募集要項

福井大学学生修学支援奨学金

学部学生及び大学院生の授業料免除申請者(外国人留学生除く)のうち、審査の結果半額免除となった者の中から、選考により一時修学支援金として、10万円が給付されます。なお、この奨学金は給付型の奨学金で、返還の必要はありません。

福井大学生協奨学金

福井大学生活協同組合からの寄附による奨学金制度です。学部学生の授業料免除申請者(外国人留学生除く)のうち、審査の結果半額免除となった者の中から、選考により一時学資支援金として、10万円が給付されます。なお、この奨学金は給付型の奨学金で、返還の必要はありません。