研究・産学官連携

ホーム >  研究・産学官連携 >  産学官連携情報 >  産学官連携ポリシー

産学官連携ポリシー

国立大学法人福井大学 産学官連携ポリシー

福井大学は、持続的発展可能な社会を実現するために、教育地域科学、医学、工学およびこれらの融合領域において、最高水準の教育と研究を行なうとともに、これらの成果を広く社会に還元することを目指しています。

特に地域の特徴を明確に把握し、産学官の連携をとおして大学と社会が、知的創造サイクルを形成することを目指しています。

このような産学官連携を円滑に推進するために、本学は、

  1. 自由な発想に基づく創造的な研究を重視するとともに、社会的要請を留意して大学が主体的に産学官連携を進めます。
  2. 産学官連携を担当する組織を明確にし、共同研究者の紹介、共同研究等の受け入れ、知的財産の移転など、様々な要求に柔軟、かつ迅速に対応します。
  3. 産学官連携は高い透明性と公平性をもって取り組み、十分な説明責任を果たします。
  4. 福井大学の研究情報を大学の外に向けてわかりやすく発信します。
  5. 産学官連携により、教育と研究の環境整備を促進し、社会の発展に貢献する人材を育成します。
  6. 地域社会の活動拠点として、地域産業界、地方自治体、市民との連携・交流を一層強化します。
  7. 教育および研究に加え、新技術および新産業創出への寄与を、教員の業績として正当に評価します。

福井大学は、地域社会、国と地方公共団体、産業界、そして国際社会と協調して、大学が生み出す『知』と社会が持つ『知と技』を融合し、我が国の国際的役割の向上に邁進します。