研究・産学官連携

利益相反関係

概要

知の時代に入り,我が国の知の基盤を支える大学の役割はますます重要となっています。産学官連携の一層の推進だけでなく,大学の多様な知的活動を通じた社会貢献への期待,さらには大学の在り方そのものに対する社会の関心も,これまでになく高まっています。

一方,産学官連携が進み,技術移転の推進や兼業の規制緩和等により民間企業と大学・職員との関係が深化してきたことにより,大学の教育・研究への影響に配慮する必要性も一層高まっています。

このような状況の中,産学官連携活動を積極的に推進している本学としても,産学官連携や技術移転を進めていく上で避けることのできない利益相反への対応について,本学における基本的な考えを整理し,産学官連携活動を進めている職員を支え,意欲的な職員等の能力が最大限に発揮できるような環境づくりという点に重きをおきマネジメントするため,そのポリシーと規程を定めています。