研究・産学官連携

ホーム >  研究・産学官連携 >  安全保障輸出管理 >  福井大学における安全保障輸出管理体制及び手続き

福井大学における安全保障輸出管理体制及び手続き

概要

安全保障輸出管理とは,日本を含む国際的な平和及び安全の維持を目的として,武器や軍事転用可能な物・技術を核兵器等の大量破壊兵器の開発を行っている国やテロリストに渡さないようにするための制度で,外国為替及び外国貿易法(外為法)等で規制されています。
大学においても,海外の大学や企業との共同研究など国際的な研究の連携活動を進める上で,海外への研究機器,技術資料及び研究試料の持ち出し,技術提供を行う場合には,外為法に基づく経済産業大臣への輸出許可申請の対象となる場合があります。また,外国からの留学生,研究生への技術提供なども,外為法の規制対象となり得る事例が含まれています。
福井大学では,次のような管理体制や学内手続きを定め,安全保障輸出管理を行っています。

管理体制

福井大学では,輸出管理最高責任者(学長),輸出管理総括責任者(研究・国際担当理事),輸出管理責任者(産学官連携本部長)及び輸出管理担当者(関係部局教職員)を置き,安全保障輸出管理のマネジメントを行っています。

規程・手続き関係

安全保障輸出管理手順書及び様式類は福井大学安全保障輸出管理規程で定められています。

管理担当者

各部局等の担当者名は,安全保障輸出管理担当者一覧を参照ください。

総括窓口
(貨物・技術関係)総合戦略部門 研究推進課 専門職員(知的財産担当) TEL 0776-27-9725
(研究者関係)  学務部 国際課 専門職員(国際連携担当) TEL 0776-27-8599
(留学生関係)  学務部 国際課 専門職員(国際教育担当) TEL 0776-27-8406