ひらめき☆ときめきサイエンス「君のお気に入りの分子の模型を作って学ぼう!-ミクロな物質の世界-」を開催しました。

ホーム > イベント >  ひらめき☆ときめきサイエンス「君のお気に入りの分子の模型を作って学ぼう!-ミクロな物質の世界-」を開催しました。

福井大学は8月4日、実験や演習で科学を体験するプログラム「君のお気に入りの分子の模型を作って学ぼう!-ミクロな物質の世界-」を松岡キャンパスで開催しました。
本事業は、日本学術振興会の「科学研究費助成事業(科研費)」を活用して行われた研究を通じ、小中学生、高校生に科学のおもしろさを感じてもらい、心の豊かさと知的創造性を育むことを目的とするプログラム。今回は高校生を対象とし、福井県内外から24名が参加しました。
実施代表者の医学部藤井 豊教授が独自の工夫を凝らして開発した分子模型教材を使い、ミクロな物質を大きく立体的に模した原子や分子を手に取りながら、分子の基礎を学んだ後、グループでオリジナルの分子模型を製作しました。その後、各グループで製作した分子の名前、ルール、作用などを発表し、外部講評者として招いた高校教諭が講評しました。
プログラムを終えた参加者からは、「化学がとても身近なものに感じられ、もっと触れたいと思った」「実際にモデルを作りながら楽しく分子の構造を学べた」「化学は遊びから始まることがよく分かった。想像を現実に変えられるよう頑張りたい」との声が挙がり、科学への興味・関心を深め、科学において大切な「創造力」「発想力」が鍛えられる1日となりました。

DSC03765 DSC03773
化学結合に係る講義                 分子模型の製作

DSC03853
オリジナル分子模型の発表

│ 2017年8月16日 │