国際交流・留学

必要手続き

短期海外研修プログラム:必要手続き

※詳細はプログラム毎に異なりますので、参加者募集時に配布する募集要項またはプログラム担当教員からの情報を確認してください。

STEP1: 参加申込前

パスポートの取得

未取得の場合 パスポートは、海外で自分の身分を証明するための最重要書類であり、パスポートがなければ海外へ渡航することができません。海外渡航や留学を思い立ったらすぐに申請を開始してください。原則、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請します。申請から発給までには1~2週間かかるほか、パスポートの受け取り時には必ず本人が交付(申請)窓口に出向く必要があるため、余裕を持って申請を行ってください。 取得済の場合 期限切れに注意するほか、渡航先や留学の種類によっては、パスポートの残存有効期間が3ヶ月や6ヶ月など一定以上必要な場合があります。残存有効期間が1日以上1年未満の場合、「切替発給」が可能ですので、渡航に必要な残存有効期間を把握し、早めに手続きを行ってください。

(参考)

プログラム参加申込書類の提出

プログラム毎に必要書類や様式が異なります。プログラム担当教員または国際課からの案内に従い、期限内に必要書類一式(参加申込書、誓約書、学業成績通知表、健康診断書、語学能力証明書、パスポートコピー等)を提出してください。指導/助言教員や保護者の自筆の署名が必要な書類もありますので、早めに書類準備を開始してください。

STEP2: 参加決定~出発前

奨学金関連書類の提出

プログラムへの参加が決定したら、各種奨学金の対象者に追加の必要書類について国際課から個別にご連絡しますので、速やかに書類を準備・提出してください。

ビザ(査証)

渡航国や目的、滞在期間等によっては、事前にビザ(査証)の取得が必要です。国によっては事前通告なしに手続きが変更される場合もありますので、詳細は日本国内にある渡航国の大使館・総領事館に確認し、最新の情報を入手してください。尚、ビザの申請には必要書類の取りつけや手続きに時間を要することもありますので、余裕を持って申請してください。旅行会社など、ビザ申請の代行を行っている民間業者を活用する方法もあります。
(参考)外務省「駐日外国公館リスト」

航空券手配

プログラムによって、プログラム担当教員または国際課が参加者全員分をまとめて手配する場合と各自で手配する場合があります。参加者決定後にプログラム毎の情報を確認し、各自で手配が必要な場合は旅程やキャンセル規定を確認のうえ、乗り継ぎや現地空港から研修先までの移動の負担が少なく時間に余裕のある旅程を選択するようにしましょう。

予防接種

渡航に際して予防接種が必要、または接種が推奨されている国・地域もあります。予防接種の種類によっては数ヶ月に亘り数回に分けて接種が必要なものもありますので、必ず早めに情報を確認のうえ対応してください。
(参考)外務省 世界の医療事情

事前オリエンテーション(共通)への参加

研修参加の心構え、危機管理、渡航準備や研修前後の課題等について説明します。短期海外研修プログラム参加者は、全員参加必須です。事前に日程照会をしますので、必ず予定通りで参加してください。このほか、プログラムによっては別途オリエンテーションや事前研修が実施されます。

出発予定日3週間前までの要対応事項

海外旅行傷害保険への加入

短期海外研修プログラムへの参加にあたっては、①海外渡航ならではのトラブル発生に備える、②渡航先での緊急事態発生時、全員が共に迅速かつ適切な対応を受けられるよう、大学指定の海外旅行傷害保険及びプランへの加入を義務付けています。

事前オリエンテーション(共通)での案内に従い、各自で手続きを進めてください。
check ジェイアイ海外留学保険 申込書送付
check ジェイアイ海外留学保険 保険料の銀行振込
※インターネットからの保険加入は不可とします。必ず、大学指定の方法で手続きを行ってください。

出発予定日1週間前までの要対応事項

外務省 海外安全ホームページの確認

外務省 海外安全ホームページ海外への渡航にあたっては、渡航先に関する知識、事前準備の不足や油断が思わぬトラブルを招きます。犯罪や事故など、渡航中の万一の事態に備えるため、「外務省 海外安全ホームページ」より必ず以下の対応を行ってください。

check 渡航国情報の確認
世界地図より渡航国を選択し、以下の情報を確認してください。

  • 危険・スポット・広域情報
    (渡航地域及び周辺地域の危険情報)
  • 安全対策基礎データ
    (渡航国・地域の犯罪発生状況、滞在時の留意事項等)
  • テロ・誘拐情勢
  • 安全の手引
  • 医療事情

check たびレジ/ORRnet(在留届)
海外に渡航する邦人は全員登録必須の渡航登録サービスです。3ヶ月未満の渡航予定者は「たびレジ」、3ヶ月以上の渡航予定者は「ORRnet」に渡航・滞在予定を登録することで、滞在先の最新の海外安全情報やいざという時の緊急連絡などを受けることが可能になります。

ジェイアイ海外留学保険 加入証明書コピー 国際課に提出

ジェイアイ海外留学保険の申込書の送付及び保険料の銀行振込後、約1~2週間以内に加入証明書等が所定の住所宛てに郵送されます。書類を受け取ったら、中身を全て確認し、加入証明書(日本語及び英語の両方)のコピーを国際課に提出してください。

福井大学グローバル・コンピテンシー自己評価シート(研修前) 国際課へ送付

福井大学グローバル・コンピテンシー自己評価シート「福井大学グローバル・コンピテンシー・モデル」を用いた自己評価課題の実施により、自分の将来像を踏まえて留学前の「いま」の自分を客観的に捉え、留学を通して自己成長を図るための「目標」とその「達成手段」を設定します。留学中はこの目標と手段を意識して行動することにより、より有意義な留学生活を送ることができるでしょう。

課題の実施にあたっては、「福井大学グローバル・コンピテンシー・モデル」及び記入例を参考に、自己評価シート(研修前)に回答(タイプ打ち)し、メール添付にて国際課宛てに送付してください。

出発前までの要対応事項

「海外安心サービスガイドブック」(保険小冊子)等 内容確認

ジェイアイ海外留学保険加入証明書と共に郵送されますので、内容をよく確認の上、現地に持参してください。

(日本学生支援機構奨学金受給者) 在籍確認書の印刷

奨学金の受給にあたっては、研修開始日に受入先担当者に在籍確認書への自筆の署名を取りつけていただきます。予め様式を印刷の上、必要事項を記入して現地に持参してください。

保護者・家族に研修に関する情報を共有

旅程、研修スケジュール、現地滞在先情報、緊急連絡先等を伝達してください。
※重要書類(パスポート、保険加入証明書(日・英)、Eチケット、緊急連絡先等)はご家族にもコピーをお渡しください。

持ち物準備

国や地域、時期、目的などによって様々です。各自で現地情報を確認して準備を進めましょう。尚、渡航先によらず、重要書類の写し(※)は必ず持参するようにしてください。 また、手荷物や機内持込荷物は、渡航先や利用航空会社によって、持込できるもの、制限があるものなど様々です。規定に従わない場合、追加料金の発生や没収の可能性もありますので、必ず事前に確認しましょう。荷物の重さやサイズ、制限内容は各利用航空会社で、輸入制限や申告対象は外務省の海外安全ホームページなどでそれぞれ確認できます。
※パスポート、保険加入証明書(日・英)、Eチケット、緊急連絡先などの重要な書類・情報は、紛失時に備え、それぞれ写しをとり現地では原本と別々に保管しましょう。

STEP3: 渡航中

現地到着連絡

現地到着日中に、語学研修型及び文化体験・交流型のプログラム参加者は国際課
studyabroad@ml.u-fukui.ac.jp)に、その他プログラム参加者はプログラム担当教員に、現地に到着した旨を代表者1名よりメール連絡してください。

(日本学生支援機構奨学金受給者) 在籍確認書 署名依頼・国際課へのデータ送付

受入先での研修開始日に、受入先担当者より在籍確認書の所定欄に自筆の署名を取りつけ
記載面のスキャンまたは写真データをメール添付にて国際課へ送付してください。
データの確認をもって、奨学金の振込手続きを行います。在籍確認書原本は帰国後に提出が必要ですので大切に保管してください。

プログラム担当教員/国際課への連絡

check 研修国を離れる場合
週末等に研修国を離れる場合は、必ず事前に国際課に渡航国・地域及び期間、旅程を連絡してください。
check 問題が起こった場合
トラブルの際は受入先担当者に相談、またはJiデスクを利用して緊急時の対応を行い、プログラム担当教員及び国際課に情報を共有してください。
check 研修が2週間以上の場合
代表者1名から参加者全員の様子について適宜(毎週/毎月)国際課にメール報告してください。

STEP4: 帰国後

帰国連絡

日本への帰国日中に、語学研修型及び文化体験・交流型のプログラム参加者は国際課に、その他プログラム参加者はプログラム担当教員に、代表者1名より日本に到着した旨をメール連絡してください。

帰国後10日以内の要対応事項

福井大学グローバル・コンピテンシー自己評価シート(研修後) 国際課へ送付

留学前と同様に「福井大学グローバル・コンピテンシー・モデル」を用いて留学「後」の自分を再評価し、研修前に使用・提出したファイルの自己評価シート(研修後)に回答のうえメール添付にて国際課宛てに送付してください。留学前後の自分を比較することで、自身の成長度を客観的に把握し、留学中の経験をその後の学生生活や自分の将来像にどう繋げていくかを考えながら今後の目標とその達成手段を考えてください。

(日本学生支援機構奨学金受給者)帰国後の必要書類 国際課に提出

check 在籍確認書原本

check 受領書 帰国後、指定の口座に奨学金が振り込まれていることを確認し、受領日(通帳に記載の年月日)を記載、署名の上、原本を持参してください。
check 支給対象者修了報告書(短期派遣学生用)様式H-2 各項目について記述(各欄の半分以上は埋まるようタイプ打ちで記載)し、両面印刷したものに署名の上、原本を持参してください。
check 短期派遣状況調査票(短期派遣学生用)様式H-3 全項目について回答を入力し、メール添付にて提出してください。

(福井大学学生海外派遣支援金受給者)帰国後の必要書類 国際課に提出

check 福井大学学生海外派遣支援金受給学生報告書(様式3) 各項目について記述し、署名の上、原本を持参してください。

短期海外研修プログラム参加者には、事前オリエンテーション(共通)にて「留学のしおり」を配付しています。渡航準備~帰国後までの必要対応事項や役立つ情報が記載されていますので、全ページによく目を通し、漏れのないよう、各期限内に必要事項への対応を行ってください。