本学と福井大学生活協同組合は災害時の協力に関する協定を締結

ホーム > ニュース >  本学と福井大学生活協同組合は災害時の協力に関する協定を締結

 本学と福井大学生活協同組合(以下:生協)は災害時の協力に関する協定を締結しました。調印式に続いて、眞弓光文学長は「これまでも本学のいろいろな事業に協力いただいておりますが、今回の締結を機により密な連携を行いたい」と意向を示し、生協の永井二郎理事長は「食料品や飲料を提供するほか、災害時に必要な毛布やタオルなども少しずつ備蓄していき、協力体制を整えていきたい」と述べました。
 この協定により、本学を含む地域において、地震や台風・豪雨等の風水害、大規模火災などの災害が発生した場合、本学から生協に対して災害時に物資等の協力要請が可能になるほか、日ごろから災害に備え、連携を強化していきます。
DSC_4677

│ 2017年8月21日 │