受験生の方へ

工学部

アドミッションポリシー

工学部における人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

工学部では,グローバルな視点で夢を描き,それを形にできる技術者を「グローバルイマジニア」と呼び,人材育成の基本コンセプトとしつつ,安全で安心な社会の創造のための基礎的な知識・教養,幅広い専門知識に裏打ちされた高度な専門能力に加えて,歴史や文化,習慣の違いを超えて世界の人々と協働し,倫理観を持ち主体的に行動できる総合的な能力を持つ技術者・研究者を養成する。また,工学部では,安全で安心な社会の創造に寄与することを目的に,広く工学全般にわたって教育研究を行い,その成果を社会に還元する。
工学部各学科の目的は,以下のとおりとする。 工学部各学科の目的は,以下のとおりとする。

機械・システム工学科 多種多様な革新的機械・システム技術の創造に貢献し,ものづくりを通して,安全で安心な社会の構築と持続に貢献できる人材を養成する。
電気電子情報工学科 電気工学から発し,歴史とともに拡大・細分化してきた通信工学,半導体工学,計算機工学,情報工学の学問分野を電気系(連続系)と情報系(離散系)で分割した従来の2学科体制を改めて一学科に統合することで,電気系,情報系の学問基礎の体系的な習得と両分野に跨る分野横断的な応用力と実践力を有する人材を養成する。
建築・都市環境工学科 これまでの建築建設工学科を継承,発展させて建築・都市環境工学科とし,長年にわたり培われてきた建築と土木の専門性に根差しつつも,新たに顕在化しつつある課題すなわち社会基盤施設の維持管理や保全,国土の強靭化,少子高齢化社会への対応,環境調和型の生活空間の構築等に即した教育内容に改善し,安全で安心な社会生活環境の実現に貢献する実践力ある人材を養成する。
物質・生命化学科 物質の構造や性質,その反応に関わる法則などを探究する「物質化学」,生命現象を化学の視点から解明する「生物化学」,物理法則を基礎として材料を取り扱う「材料工学」に関する専門知識を教育する。さらに,繊維をはじめとする高性能・高機能材料の創製や関連科学技術の開拓,医学・工学の融合分野へのバイオテクノロジーの展開などを通じて身につけたスキルや知恵,高い倫理観を駆使し,人類の健やかな生活と持続可能で豊かな社会の実現に向けて,地域社会から国際社会の様々な分野において活躍できる人材を養成する。
応用物理学科 工学の幅広い分野に対応できる確固とした理工学の知識・思考方法・応用能力を修得するとともに,総合的な実践力や産業関連知識を自ら学び,課題解決につなげる力,グローバルな行動力,倫理観を身につけた物理を中心とした基礎科学を応用展開できる人材を養成する。

求める学生像

学部共通

1.グローバルイマジニアとして地域社会や国際社会に貢献する強い意欲を有する人
※グローバルイマジニア:グローバルな視点で夢を描き,それを形にできる技術者
2.高等学校教育またはそれに準ずる教育課程において,理工学分野の基礎となる知識及び実践力を習得している人
3.正確な文書読解,論理的な記述,適切な表現などの基本的な言語運用能力を有する人
4.豊かな人間性,周囲との協調性,奉仕の精神を有する人

機械・システム工学科 「人と地球を支える機械・システム技術にイノベーションを」

  1. 機械・システムエンジニアとして,ものづくりにより社会に貢献する意欲を有する人
  2. 機械・システム工学分野の基礎となる数学や物理の知識を習得している人
  3. 正確な文書読解,正確な言語表現などの基本的な言語運用能力を有する人
  4. 柔軟な発想力,周囲との協調性,自ら考え・行動する主体性を有する人
電気電子情報工学科 「電気・電子・情報分野の伝承と創造は君の手で」

  1. 電気,電子,コンピュータを学ぶための数学や物理の基礎学力を有する人
  2. 論理的思考力を問題解決に活かすことができる人
  3. チャレンジ精神を持って地域社会や国際社会に将来貢献する強い意欲を有する人
建築・都市環境工学科 「建築・都市・社会基盤をデザインし,豊かな地域・環境を創造する」

  1. 建築・土木技術者として地域社会・環境の持続的発展に貢献する強い意志を有する人
  2. 高等学校教育またはそれに準ずる教育課程において,建築・土木分野を学ぶ基礎となる知識及び実践力を修得している人
  3. 正確な文章読解,理論的な記述,図解を交えた適切な表現などの言語運用能力を有する人
  4. 豊かな人間性,周囲との協調性をもって課題解決に向けて考え行動できる人
物質・生命化学科 「創造する化学にチャレンジ!」

  1. 化学・物理・生物のうち2科目以上の基礎学力を有する人
  2. 地域社会や国際社会に貢献する意欲を有し,周囲と協調して主体的に行動できる人
  3. 日常の物事や現象を論理的に思考でき,それらを正確に記述・表現できる人
応用物理学科 「先端科学技術を支える物理学の世界へ」

  1. 物理や数学に基づいて,ものごとを基本に返って考える能力を有する人
  2. 先端科学技術分野への強い興味を有し,将来,グローバルイマジニアとして活躍する意欲を有する人
  3. ものづくりや実験の基礎となる知識・技能を有する人

工学部入学者選抜の基本方針

【一般入試(前期日程)】
機械・システム工学科
電気電子情報工学科
応用物理学科
大学入試センター試験(5 教科7 科目)により基礎的学力を総合的に判定する。さらに個別学力試験(数学,物理)により,数学と物理に関する標準的な知識と理解に基づいて論理的な思考を展開し,それを記述する能力を判定する。
建築・都市環境工学科
物質・生命化学科
大学入試センター試験(5 教科7 科目)により基礎的学力を総合的に判定する。さらに個別学力試験(数学,物理又は化学)により,数学と物理又は化学に関する標準的な知識と理解に基づいて論理的な思考を展開し,それを記述する能力を判定する。
【一般入試(後期日程)】
機械・システム工学科
電気電子情報工学科
応用物理学科
建築・都市環境工学科
大学入試センター試験(5 教科7 科目)により基礎的学力を総合的に判定する。さらに個別学力試験(数学)により,数学に関する標準的な知識と理解に基づいて論理的な思考を展開し,それを記述する能力を判定する。
物質・生命化学科 大学入試センター試験(5 教科7 科目)により基礎的学力を総合的に判定し,さらに面接(口述試験を含む)により,学習意欲,チャレンジ精神,論理的思考力等を判定する。
【AO入試Ⅰ】
機械・システム工学科 大学入試センター試験は免除するが,第1次選考では書類審査により,文章力や自己アピ-ル力等の判定及び提出された調査書等に基づく基礎的学力の判定を行う。最終選考では面接(口述試験を含む)により,目的意識・意欲,表現力等の判定及び理数系科目の学力判定を行う。
電気電子情報工学科 大学入試センター試験は免除するが,第1次選考では書類審査により,文章力や自己アピール力等の判定及び提出された調査書等に基づく基礎的学力の判定を行う。最終選考では面接(口述試験を含む)により,目的意識・意欲,表現力等の判定及び理数系科目の学力判定を行う。
建築・都市環境工学科 大学入試センター試験は免除するが,第1次選考では書類審査により,文章力や自己アピ-ル力等の判定及び提出された調査書等に基づく基礎的学力の判定を行う。最終選考ではプレゼンテーション,ディスカッション及び面接(口述試験を含む)により,目的意識・意欲,表現力等の判定及び理数系科目の学力判定を行う。
【AO入試Ⅱ】
機械・システム工学科
電気電子情報工学科
建築・都市環境工学科
物質・生命化学科
応用物理学科
第1次選考では書類審査により,文章力や自己アピ-ル力等の判定及び提出された調査書等に基づく基礎的学力の判定を行う。最終選考では,大学入試センター試験により基礎的学力を総合的に判定し,さらに面接(口述試験を含む)により,目的意識・意欲,表現力等の判定及び理数系科目の学力判定を行う。
【私費外国人留学生入試】
全学科共通 日本留学試験及び TOEFL の成績,並びに,面接,口述試験(簡単な筆記試験を行う場合もある。)及び出願書類により,日本語能力と理数系科目の学力判定を行う。
【編入学(推薦)】
全学科共通 面接(口述試験を含む)及び出願書類により理数系科目の学力,学習意欲,チャレンジ精神等を判定する。
【編入学(一般)】
機械工学科
電気・電子工学科
建築建設工学科
学力検査,面接(口述試験を含む)及び出願書類により,理数系科目の学力,学習意欲,チャレンジ精神等を判定する。
情報・メディア工学科
材料開発工学科
生物応用化学科
物理工学科
知能システム工学科
履修内容に関する口述試験及び出願書類により,理数系科目の学力,学習意欲,チャレンジ精神等を判定する。