受験生の方へ

工学研究科(博士前期課程)

アドミッションポリシー

-人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的-

工学は,科学技術の創造を通して,人類の幸福に寄与する役割を担う。工学研究科では,確かな専門知識と高い倫理観を有し,自然や環境と調和した人間社会の豊かな発展に貢献できる高度専門技術者や研究者等を養成する。また,地域の研究拠点となることを目的に,基礎的研究から最先端技術の開発まで,工学に関わる幅広い学問分野の教育研究を推進する。

博士前期課程各専攻の目的は,以下の通りとする。

機械工学専攻

機械工学分野の高度専門教育と先進的研究を通して,地域と国際社会の未来を支える科学技術の創造に貢献すると共に,人類の持続可能な発展に寄与できるグローバルな視点をもつ高度専門技術者を養成する。

電気・電子工学専攻

電子物性とデバイス工学,エネルギー工学,システム工学の各分野において,高度かつ複雑化する社会ニーズに柔軟に対応できる専門知識と応用能力を有し,社会に対する倫理観と地球的視点からの洞察に基づき,上記3分野の融合も実践できる能力を兼ね備えた高度専門技術者を養成する。

情報・メディア工学専攻

情報,通信,メディア工学に関する高度な専門知識の体系的な理解を基に,実世界の多様な問題に対してその本質を発見し,多角的,独創的なアプローチで問題を解決すると共に,種々の製品やシステムの開発を推進し,また開発成果を的確かつ効果的に発信する能力を持つ研究者及び高度専門技術者を養成する。

建築建設工学専攻

建築建設工学科の学部教育に基礎を置き,建築から都市・国土におよぶ生活空間を工学の枠を越えて総合的に探求し,広い視野と高度な技術的能力を自ら発展・展開できる専門的資質を備え,ひいては人間社会に貢献できる倫理観をもった高度専門技術者を養成する。

材料開発工学専攻

環境に調和した機能性材料やその新しい技術の創出に向けた独創的かつ論理的な研究の推進と,これらに裏打ちされた高度な教育を実施し,化学と物理を基礎とし,常に環境を意識しながら新しい材料の研究開発に取り組むことを通して,地域社会や国際社会で活躍できる高い倫理観とチャレンジ精神を兼ね備えた高度専門技術者および研究者を養成する。

生物応用化学専攻

「化学」と「生物化学」の学際的領域における学術と研究の拠点として,人類の健やかな生活と持続可能で豊かな社会の実現に貢献するための教育と研究を推進し,高い倫理観と高度な知識・技術を身に付けた研究者および高度専門技術者を養成する。

物理工学専攻

学部教育との一貫性にも配慮した大学院前期課程の教育により,物理学・数学・工学に関する広範な専門的知識を有し,職業人に求められる表現能力を身に付け,創造性のある研究・開発を自立的に行う能力をもつ高度専門技術者を養成する。

知能システム工学専攻

機械・電子・情報などのハードな工学から生命科学・認知科学・複雑系科学などのソフトな科学にまで至る学際的科学技術に精通し,総合的なシステム提案・構築能力と創造性豊かな優れた研究・開発能力をもつ研究者,これらの理論的知識を生かして実務能力を身に付けた高度専門技術者,および,あらゆる分野で活躍することができ,知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養のある人材を養成する。

繊維先端工学専攻

高性能・高機能繊維材料の創成を基盤とした多面的な教育・研究を推進し,繊維の科学的特徴の理解や繊維に関する確固たる専門知識と倫理観である「繊維マインド」をもち,多方面の分野で柔軟に対応できる問題解決型の実践力をもった研究者と高度専門技術者を養成する。

原子力・エネルギー安全工学専攻

工学系のみならず,より幅広い学問領域の基礎的知識を基にして,原子力・エネルギー分野の安全および共生を基盤とする専門知識を身につけ,当該分野に関する種々の課題に対する学際的・学術的研究を通し,高い倫理観を有する高度専門技術者を養成する。

求める学生像

「フレッシュな感性と学問への強い情熱」

  1. 専門分野の高度な研究に主体的に取り組む人
  2. 未来社会を支える科学技術の創造と開発に意欲のある人
  3. 人間社会の持続的発展に寄与する研究開発をグローバルな視点から進める人
機械工学専攻

「21世紀の科学技術を創るのは君だ」

  1. 機械工学の幅広い知識を,社会に貢献する科学技術の創造に応用できる人
  2. 問題設定,解決にあたって独創性を発揮できる人
  3. 機械工学のより高度な専門知識を活かして,国際社会で活躍したい人
電気・電子工学専攻

「高機能電子材料・高度社会インフラシステム・先端情報技術など,ミクロからマクロまでの挑戦」

  1. 電気・電子工学分野の幅広い基礎学力を有する人
  2. 社会を支える科学技術の発展のため,創造的研究に取り組む意欲のある人
  3. 電気・電子工学分野の専門知識を国際社会の発展に役立てたい人
情報・メディア工学専攻

「人にやさしい高度ICT社会を支える技術者を目指せ」

  1. 自然科学および情報・メディア工学分野の基礎学力を有する人
  2. 夢と目標を持って情報・メディア工学分野の研究に意欲的に取り組む意志のある人
  3. 大学院生としての自覚と使命感を有し,地域社会・人類社会のために自らを磨くことのできる人
建築建設工学専攻

「社会基盤の安全性と快適性を担う技術者を目指して」

  1. 建築建設工学関連分野における基礎知識を有し,広い視野に立って研究に取り組むことができる人
  2. 地域や環境に対する建築建設工学技術者の役割を考えながら,熱意をもって勉学に取り組むことができる人
  3. 知識欲が旺盛で,学んだ知識を創造的に応用していく基礎能力を有する人
材料開発工学専攻

「先端材料開発を君の手で!」

  1. 化学と物理の知識を基にもの作りにチャレンジしたい人
  2. グリーンケミストリー,超分子,新エネルギー,ソフトマテリアル,医用材料,ナノ材料,最先端物質に興味のある人
  3. 工学的センスを身に付け国際社会でグローバルに活躍したい人
生物応用化学専攻

「真理を究め技術を極める-分子から生命まで-」

  1. 化学やバイオテクノロジーの分野での研究や技術開発を通して社会に貢献したい人
  2. 社会の要請を踏まえて自ら研究・開発目標を設定し,その実現のために努力する人
  3. 深い洞察力と独創的な発想力を持つ人
物理工学専攻

「最先端科学技術を支える物理学の世界へ」

  1. 微小世界の素粒子物理学から巨大世界の宇宙物理学まで,現代物理学の最先端を学びたい人
  2. 物理学を応用して21世紀の技術革新の牽引者になりたい人
  3. 物理学やその応用分野の研究者への道を歩みたい人
知能システム工学専攻

「人の知能と行動生成メカニズムを究明し知能システムを創造しよう」

  1. 数学や物理や工学一般などの基礎的能力および応用力のある人
  2. プログラミング,機械工作,電子工作などが好きな人
  3. 未知なるテーマにチャレンジして,新しいことを開拓していこうと努力する人
繊維先端工学専攻

「先端的な繊維技術で,世の中の役に立とう!」

  1. 「繊維マインド」を持った高度な専門性をもつ技術者・研究者を目指したい人
  2. 繊維先端工学分野の研究で,社会や地域に貢献したい人
  3. バイオや材料の知識と繊維の知識を兼ね備えた技術者・研究者になりたい人
原子力・エネルギー安全工学専攻

「目指せ,原子力・エネルギーのオールラウンドプレーヤー」

  1. 幅広い工学分野に関心を持ち、学部時代の専門分野について基礎学力が身に付いている人
  2. 原子力・エネルギーに関する関心を持ち、高度な専門性を有する技術者・研究者を目指したい人
  3. 安全,共生問題を通じて技術により社会へ貢献したいと考えている人

入学者選抜の基本方針

工学研究科博士前期課程の入学者選抜方法として、一般選抜、特別選抜(推薦)、外国人留学生特別選抜、社会人特別選抜を行う。

一般選抜では、

原則として、基礎科目、外国語科目(英語)、専門科目の試験を課し、その結果と学部での成績、口述試験及び面接の結果を併せて総合的に判定する。

特別選抜(推薦)は、

成績が優秀で人物ともに優れ、在籍する大学の学長又は学部長等が責任を持って推薦できる者を対象とし、口述試験及び面接、書類審査の結果を総合して判定する。

外国人留学生特別選抜は、

国費外国人留学生又は私費外国人留学生として入学を希望する者で、成績優秀な者について、学力検査を免除し、口述試験及び面接、書類審査の結果を総合して判定する。

社会人特別選抜では、

企業等に勤務している者を、所属長からの推薦に基づき、学力検査(英語又は専門科目)、口述試験及び面接、書類審査の結果を総合して判定する。