受験生の方へ

医学系研究科(修士課程)

アドミッションポリシー

教育理念・目標

福井大学大学院医学系研究科(修士課程)では,
  1. 高度な知識を有し,科学的・論理的な思考で高い水準の医学系研究を遂行・発信できる研究能力を有する看護学研究者
  2. 先端的で高度専門的な臨床技能を提供できる実践能力を有する看護職
  3. 地域,国及び国際医療に貢献ができる臨床研究能力や教育的指導力を備えた質の高い高度実践看護師
    の養成を教育理念とし,21世紀の社会で活躍できる優れた人材,高度専門職業人を育成します。

特色

福井大学大学院医学系研究科は,研究を通じ人類に対する高い倫理観と,豊かな人間性の涵養を目指し,医学・生命科学領域を主とする博士課程,および,看護学領域を主とする修士課程から構成されています。
また,学びやすいように長期履修制度や昼夜開講制度を設けています。

修士課程では,
  1. 基礎看護学領域において,あらゆる看護場面に共通した看護技術と看護理論に関する研究を行っています。
  2. 地域看護学領域において,生活者としての個人,家族,集団が健康な生活を送るための地域ケアシステムの構築について研究を行っています。
  3. 成人看護学領域において,慢性病患者の生活と病いの体験,手術・救急などクリティカルな状況における看護の役割,がん患者の理解とQOLについて探求し,対象理解を基盤とした看護ケアに関する研究を行っています。
  4. 老年看護学領域において,高齢者の発達特性を基盤に,自分らしい生活の維持やQOL向上に向けたケアを探求し,自律に向けたセルフケアおよび家族支援などの研究を行っています。
  5. 母子看護学領域において,母子を取り巻く健康問題や心身の健全な育成,助産師活動評価,周産期看護など,女性と家族のライフサイクルを視点とした研究を行っています。
  6. 災害看護専門看護師教育課程を設置(申請予定)し,高度な災害看護の能力を有する人材の育成を行います。
  7. 大学院博士課程の北陸がんプロフェッショナルの科目が履修可能です。

求める学生像

理念・目標を達成するために,

修士課程では,
  1. 高度な専門性を有しかつ社会性に富み,
  2. 地域医療に貢献する志を持ち,
  3. 新たな課題に取り組み,研究能力を身につける意欲がある人を求めています。

入学者選抜の基本方針

修士課程では,「求める学生像」にふさわしい者を選抜するため,多様な観点から受験者の学力や資質を評価します。また,全ての試験に面接を課し,アドミッション・ポリシーに沿った入学者選抜に努めています。

  1. 一般選抜
    大学を卒業した者及び同等以上の学力があると認めた者に対し,個別学力検査及び面接並びに学業成績証明書の内容を総合して選抜します。
    個別学力検査では,志望する研究領域における専門的知識,語学力を評価します。
  2. 社会人特別選抜
    大学を卒業した者及び同等以上の学力があると認めた者で,看護師,保健師又は助産師の免許を有し,一定期間の看護実務経験を有する者に対し,個別学力検査及び面接並びに学業成績証明書の内容を総合して選抜します。
    個別学力検査では,論理的思考力を評価します。