実験方法:まず、隣同士がペアを組んで出席番号の若い方が「記憶チェックする人」、もう一人が「記憶する人」となる。以下、次の順序に従って先生の指示の通り規則正しく時間を守って行う。

1.「記憶をチェックする人」は「記憶する人」にカード20枚をすべて覚えさせ、それに要した時間を、<記録表>に記入する。