2018年 アーカイブ

ホーム > 2018年 アーカイブ

2018年7月12日

7月6日 日本学術会議中部地区会議学術講演会を開催しました。

  日本学術会議中部地区会議が7月6日、福井大学による学術講演会「世界に展く 地域の学び」を福井大学文京キャンパスで開催しました。 開会にあたり、本学の上田孝典理事(企画戦略)・副学長が、「福井大学の研究や取り組みを通し、本講演会[...]

2018年7月5日

本学職員の懲戒処分について

国立大学法人福井大学職員就業規則に基づき、下記の通り懲戒処分を行いましたので公表します 記 1 処分を受けた者 医学部附属病院職員 (男性、30歳代) 2 処分内容 停職・1月間 3 処分期日 平成30年7月5日 4 事案の概要 当該[...]

2018年7月3日

“グローカル”という言葉を生んだローランド・ロバートソン教授が本学で講演

英国の社会学者ローランド・ロバートソン教授は、30年来グローバル化研究の世界的権威で、“グローカリゼーション”(グローカル化)の概念の提唱者としても広く知られています。 本学国際地域学部は、地域の課題にグローバルな視点から取り組み、また地域[...]

2018年6月29日

6月29日 第2回「栄誉学友称号並びに感謝状贈呈式」及び「感謝の集い」を行いました

本学に対して顕著な財政的支援をいただいた個人、団体に対し、敬意と誠意を表する、「栄誉学友称号並びに感謝状贈呈式」と「感謝の集い」を6月29日、文京キャンパスで昨年に引き続き、開催しました。 贈呈式では、眞弓光文学長が、「特別栄誉学友」「栄誉[...]

2018年6月29日

本学医学部の小坂浩隆教授が自閉スペクトラム症(ASD)に対するオキシトシンの治療効果を検証した、世界初の臨床試験の成果を浜松医大などと共同発表しました

医学部精神医学講座の小坂 浩隆教授は、浜松医科大学精神医学講座 山末英典教授(研究代表者)、金沢大学(責任医師:棟居俊夫前特任教授)、名古屋大学(責任医師:岡田俊准教授)との共同研究チームにより、医師主導臨床試験を行い、自閉スペクトラム症に[...]

2018年6月28日

包括的連携協定 前田工繊株式会社×福井大学のJoint Laboを設置しました。

前田工繊株式会社と本学は6月28日に繊維・複合材料などの関連研究を新たなイノベーションにつなげるため、包括連携協定を締結し、「前田工繊ジョイント・ラボ」を設置しました。 締結式では、前田工繊(株)前田 征利代表取締役社長と本学眞弓 光文学長[...]

2018年6月27日

一斉休業のお知らせ

福井大学では,職員の心身の健康の維持・増進及び省エネルギーの一層の推進を図るため,8月13日(月)から15日(水)までの3日間,一斉休業を実施いたします。 当日,医学部附属病院は通常どおり業務を行いますが,それ以外の業務は行いません。 ご不[...]

2018年6月12日

6月12日 英国セントラル・ランカシャー大学短期受入プログラム開講

開講式の様子 2017年9月に大学間交換留学協定を締結したイギリス北西部にあるセントラル・ランカシャー大学から短期受入プログラム参加学生8名を6月12日に迎え、文京キャンパスで「日本語・日本文化体験プログラム」の開講式を行いました。 寺岡英[...]

2018年6月5日

6月5日 教育学部の山田孝禎准教授らが福井県の児童・生徒の体力全国トップの要因を探る研究成果を発表しました。

教育学部の山田孝禎准教授および宗倉 啓教授ら県内大学などの研究グループは、県教育委員会の協力を得て、県の児童・生徒を対象に2016年度に行われた新体力テストの統計データを基に客観的に数値化し、その分析結果について、6月5日、文京キャンパス[...]

2018年6月1日

台湾の国立曁南(キナン)国際大学と学術交流協定及び学生交流協定を締結しました

協定書をもって握手する国立曁南国際大学の江副学長(左)と本学の眞弓学長(右) 2019年春からの交換留学を主な目的とし、5月28日、台湾の国立曁南国際大学と学術交流協定及び学生交流協定の調印式を、文京キャンパスで執り行いました。 本学の眞弓[...]

2018年5月28日

平成30年度 医学部納骨式、御遺骨返還式、動物慰霊祭を執り行いました

御遺骨返還式(内木医学部長による追悼の言葉) 5月19日、「医学部納骨式」と「医学部御遺骨返還式」を執り行いました。よりよい医療者の育成や医学研究の発展にご理解をいただき、「医学教育や研究のために役立ててほしい」と崇高な意思を持って生前に献[...]

1 2 3 4 5
ページの先頭に戻る
前のページに戻る