受験生のためのFUKUDAI LIFE

ホーム >  受験生のためのFUKUDAI >   >  コンピュータシミュレーションによる建築・都市空間の温熱環境評価技術の開発

コンピュータシミュレーションによる建築・都市空間の温熱環境評価技術の開発

吉田 伸治 先生

工学研究科
建築建設工学専攻 准教授
吉田 伸治 先生

工学研究科 建築建設工学専攻 准教授

吉田 伸治先生

teach_yoshida02近年、東京首都圏、近畿圏都市では「ヒートアイランド現象」による温熱環境の悪化が社会問題となっており、その緩和対策が求められています。一方、地方都市においても地球温暖化、自動車交通の増加、中心市街地空洞化等の課題に対応した新たなまちづくり(例えば「コンパクトシティ」など)が求められています。

私は、この様な新たな都市・街区の計画・設計が風の流れ、温熱環境に与える影響をコンピュータで予測・評価する技術を開発しています。現状または計画・設計案に対応した解析結果を分析し、得られた知見を改善案に盛り込むことにより、十分な「費用対効果」の得られる案を生み出すことが可能となります。下の図は、夏季日中の福井(嶺北)地方全体、並びに福井大学文京キャンパス内の風の流れと地表面温度の分布の解析結果です。日本海から福井平野に流入する海風(図左)がキャンパスに流入し複雑な流れが形成されること、日影・日向の分布によりキャンパス内の温度に大きな差が生じること(図右)がわかります。この様な手法は、例えば、適切な街路樹の配置、屋上緑化の効果、福井地方の水田の気候緩和効果などの評価に有用です。

今後は、これらの手法の予測精度と操作性の向上に努め、実際の計画・設計に適用し易いものとするのが目標です。

ページの先頭に戻る
前のページに戻る