学生生活・就職

ホーム >  学生生活・就職 >  教務関係 >  3つのポリシー >  全学共通/大学院 カリキュラム・ポリシー,ディプロマ・ポリシー

全学共通/大学院 カリキュラム・ポリシー,ディプロマ・ポリシー

大学院に係る全学共通の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

修士課程・博士前期課程教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

福井大学大学院は,学位授与の方針で示す能力を確実に修得させるため,以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

1.体系的な教育課程

国際通用性のある教育課程を編成し,学位の質を確保します。高度専門職業人として必要な知識・技能・倫理観を獲得させるため,学内外の教育資源を有効に活用した必修科目・選択必修科目・選択科目を体系的に配置します。また,学生がキャリアパスを広げたり,地域から世界の目線で発想したりできるように,先端研究の成果や展望に関する知見,様々な社会的課題に触れる機会を多様に提供します。

2.効果的な教育方法

それぞれの知識や技能の修得に適した授業形態を採用するとともに,他者と協働しながら主体的に課題解決に取り組む学習活動をバランスよく実施します。質の高い研究遂行能力や論文作成能力を獲得させるため,複数の教員による指導体制を柔軟かつ組織的に整備します。

3.厳格な学修評価

明確な到達目標と透明性のある評価方法に基づき,各科目の成績評価を行います。研究成果や研究遂行に求められる能力については,修士論文あるいは特定の課題を用い,複数の教員の協議をもって評価します。カリキュラム全体を通した達成度の評価についても,予め定められた基準を用いて多面的かつ厳格な評価を行います。

4.改善のための教育評価

本学で実施する教育をより良いものとしていくため,教育の内容・方法・成果に対する組織的な評価と検証を行い,継続的な改善に努めます。

博士課程・博士後期課程教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

福井大学大学院は,学位授与の方針で示す能力を確実に修得させるため,以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

1.体系的な教育課程

国際通用性のある教育課程を編成し,学位の質を確保します。高度専門職業人として卓越した知識・技能・倫理観・リーダーシップを獲得させるため,学内外の教育資源を有効に活用した必修科目・選択必修科目・選択科目を体系的に配置します。また,学生が自立して独創的な研究を遂行できるように,先端研究・学際研究の成果や展望に関する知見,地域から世界にわたる様々な社会的課題に触れる機会,研究成果を発信する場を多様に提供します。

2.効果的な教育方法

それぞれの知識や技能の修得に適した授業形態を採用するとともに,他者と協働しながら主体的に課題解決に取り組む学習活動をバランスよく実施します。質の高い研究遂行能力や論文作成能力を獲得させるため,複数の教員による指導体制を柔軟かつ組織的に整備します。

3.厳格な学修評価

明確な到達目標と透明性のある評価方法に基づき,各科目の成績評価を行います。研究成果や研究遂行に求められる能力については,博士論文あるいは特定の課題を用い,複数の教員の協議をもって評価します。カリキュラム全体を通した達成度の評価についても,予め定められた基準を用いて多面的かつ厳格な評価を行います。

4.改善のための教育評価

本学で実施する教育をより良いものとしていくため,教育の内容・方法・成果に対する組織的な評価と検証を行い,継続的な改善に努めます。

専門職学位課程教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

福井大学大学院は,学位授与の方針で示す能力を確実に修得させるため,以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

1.体系的な教育課程

専門職教育改革の動向を踏まえた教育課程を編成し,学位の質を確保します。高度専門職業人として必要な知識・技能・倫理観・リーダーシップを獲得させるため,学内外の教育資源を有効に活用した必修科目・選択必修科目・選択科目を体系的に配置します。また,学生が視野を広げ,多様な課題解決の発想・方法を獲得できるように,様々な社会的課題や事例研究に触れる機会を多様に提供します。

2.効果的な教育方法

それぞれの知識や技能の修得に適した授業形態を採用するとともに,他者と協働しながら主体的に課題解決に取り組む学習活動をバランスよく実施します。質の高い課題解決能力や実践の理論化力を獲得させるため,複数の教員による指導体制を柔軟かつ組織的に整備します。

3.厳格な学修評価

明確な到達目標と透明性のある評価方法に基づき,各科目の成績評価を行います。研究成果や研究遂行に求められる能力については,実践報告書あるいは特定の課題を用い,複数の教員の協議をもって評価します。カリキュラム全体を通した達成度の評価についても,予め定められた基準を用いて多面的かつ厳格な評価を行います。

4.改善のための教育評価

本学で実施する教育をより良いものとしていくため,教育の内容・方法・成果に対する組織的な評価と検証を行い,継続的な改善に努めます。

修士課程・博士前期課程学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

福井大学大学院は,所定の年限在籍し,各大学院の体系的な教育課程により学業を修め,高度専門職業人として備えるべき以下の能力を修得した者に対し,修士の学位を授与します。

(1)高度な専門能力に裏打ちされた実践力と研究遂行力

(2)実践的で高度な言語運用能力を備えたコミュニケーション力

(3)地域から世界までを視野に入れ,自ら課題を見つけ行動できる人間力

博士課程・博士後期課程学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

福井大学大学院は,所定の年限在籍し,各大学院の体系的な教育課程により学業を修め,高度専門職業人として備えるべき以下の能力を修得した者に対し,博士の学位を授与します。

(1)卓越した専門能力に裏打ちされた実践力と独創的な研究の遂行力

(2)実践的で国際的に通用する言語運用能力を備えたコミュニケーション力

(3)地域から世界までを視野に入れ,高い倫理観・使命感をもって課題解決を推進できる人間力

専門職学位課程学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

福井大学大学院は,所定の年限在籍し,各大学院の体系的な教育課程により学業を修め,高度専門職業人として備えるべき以下の能力を修得した者に対し,専門職学位を授与します。

(1)高度な実務能力に裏打ちされた実践力と,実践の理論化を通した高度な専門的資質・能力

(2)実践的で高度な言語運用能力を備えたコミュニケーション力

(3)地域から世界までを視野に入れ,高い倫理観・使命感をもって課題解決を牽引できる組織マネジメント力

ページの先頭に戻る
前のページに戻る