研究・産学官連携

寄附金制度

概要

民間企業等や個人篤志家などに寄附をお願いし、学術研究や教育研究の充実・発展及び学生の奨学支援等に役立てる制度です。本学の研究・教育活動を支えるため、きわめて重要な役割を果たしています。

寄附金は寄附者に使途を特定していただいたうえで、本学規程等のルールに基づきその目的に沿って活用させていただきます。


受入の手続きの流れ

ご寄附のお申し込み

「寄附申込書」の裏面の「寄附申込書の作成にあたって」をご確認の上、必要事項をご記入、ご押印いただき、各部局寄附金受入担当(下記「お問い合わせ」)へお申し込みください。

松岡キャンパス

寄附申込書[Word:48KB] ・記入例[PDF:148KB]

文京・敦賀キャンパス

寄附申込書[Word:40KB] ・記入例[PDF:144KB]

本学から「振込依頼書」を送付

ご寄附のお申し込みから送付まで2週間程度お時間をいただきますので、あらかじめご了承ください。なお、お急ぎの場合はご連絡をお願いします。

ご寄附のお振り込み

「振込依頼書」に記載の振込口座へお振り込みください。
※お振り込みの際は、手数料をご負担くださいますようお願い申し上げます。

ご入金確認後、本学から「お礼状及び領収書」を送付

ご入金から送付まで2週間程度お時間をいただきますので、あらかじめご了承ください。なお、お急ぎの場合はご連絡をお願いします。


寄附の制限

寄附金の受入れに当たっては、次のような条件が付されている場合は受入れることができません。

  1. 寄附金により取得した財産を無償で寄附者に譲与すること。
  2. 寄附金による学術研究の結果得られた特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権その他これらに準ずる権利を寄附者に譲渡し、又は使用させること。
  3. 寄附金の使用について、寄附者が会計検査を行うこととされていること。
  4. 寄附申込み後、寄附者がその意思により寄附金の全額又は一部を取り消すことができること。ただし、財団等 の公募型助成金で、公募要領等により、残額等の返還義務の明示がある場合を除く。
  5. 前各号に掲げるもののほか、特に教育研究上支障があるもの。

税制上の優遇措置について

本学へのご寄附は、税制上の優遇措置が受けられます。

企業の方の場合 ご寄附いただいた金額を全額損金算入とすることが可能です。
(法人税法第37条第3項第2号)
個人の方の場合 当該年中の寄附金が2,000円を超えた場合は、確定申告を行うことにより、所得税の優遇措置を受けることができます。
(所得税法第78条第1項)
寄附金控除額=寄附金額(又は所得×40%)-2,000円

本制度の詳細については、以下をご参考いただき最寄りの税務署等にご確認ください。


その他関連リンク


お問い合わせ

【文京キャンパス(教育学部、国際地域学部、工学部) 】
【敦賀キャンパス(附属国際原子力工学研究所)】
研究・地域連携推進部 研究推進課
TEL:
E-mail:rp-sangaku※ml.u-fukui.ac.jp
(注)メールアドレスの※マークは半角@に置き換えてください。
【松岡キャンパス(医学部、附属病院)】
<受託・共同研究>
研究・地域連携推進部 松岡キャンパス研究推進課
TEL:
E-mail:m-kenkyu※ml.u-fukui.ac.jp
<寄附金>
TEL:
E-mail:m-kaken※ml.u-fukui.ac.jp
(注)メールアドレスの※マークは半角@に置き換えてください。
ページの先頭に戻る
前のページに戻る