研究・産学官連携

ホーム >  研究・産学官連携 >  各種研究員等制度 >  日本学術振興会特別研究員(PD,RPD,CPD)

日本学術振興会特別研究員(PD,RPD,CPD)

日本学術振興会特別研究員-PD等の雇用化

本学は,独立行政法人日本学術振興会(以下「学振」という。)が実施する「研究環境向上のための若手研究者雇用支援事業」に「日本学術振興会特別研究員(PD,RPD,PRD)(以下「PD等」という。)」の「雇用制度導入機関」として登録し,令和6年4月1日より,PD等を常勤職相当の研究職として雇用します(以下「特任研究員」という。)。
制度の概要,本学における育成方針,雇用条件等については以下をご確認ください。

制度の概要

学振webサイトをご確認ください。制度の概要はこちら

育成方針

本学は,本学が雇用する特任研究員が自由な発想のもと安心して研究に専念し,次世代を担う創造性に富んだ若手研究者になることを目指した育成方針を定めています。

雇用条件

準備中

ページの先頭に戻る
前のページに戻る