受験生のためのFUKUDAI LIFE

ホーム >  受験生のためのFUKUDAI >   >  カヌーポロ世界選手権に出場して

カヌーポロ世界選手権に出場して

カヌー部3年

糸山 諒

世界選手権という今まで経験したことのない大舞台での試合は、自分にとってとても貴重な経験となりました。結果は16ヶ国中13位と、目標のベスト10入りは果たせませんでしたが、普段以上の力を発揮出来たと思っているので悔いはありません。

他国の選手は想像以上に力強く、判断も素速く、チームの結束力も高く、見ているだけでとても勉強になりました。こういう他国のチームを見習い、いろいろな技術を盗み、個々の能力を上げ、チーム全体のレベル上げに繋げていきたいです。

DSC01473一昨年の日本代表U-21選考会から、日本代表候補生として練習に参加させていただき、今回のイタリアの世界選手権まで、長いようで短い一年半でした。選ばれた当時はカヌーを初めてまだ一年目で、初めは練習についていくのがやっとでした。しかし、練習の仕方やチームの戦術など多くのことを教えてくれた監督、コーチ、つらい練習も一緒に乗り越えてきたチームのみんな、いつも練習を共にする福井大学カヌー部の仲間達、多くの人に支えられ、日本代表U-21に選ばれるまでの実力をつけることができました。共に戦ってきた仲間、応援してくださった方々には本当に感謝しています。

今後は、この世界選手権で得たたくさんの経験を活かし、福井大学カヌー部の発展とレベル向上に熱を入れていきたいと思います。

これからもカヌーを通じていろいろなことを学び、今度は自分が他の人を支えられるよう頑張っていきたいです。