受験生のためのFUKUDAI LIFE

ホーム >  受験生のためのFUKUDAI >   >  “誰かのためにできる何か”を形にしたい 海外の貧困地域で家を建てる

“誰かのためにできる何か”を形にしたい 海外の貧困地域で家を建てる

国際地域学部 国際地域学科 2年

小泉 春樹さん

東南アジアなどの貧困地域で住居建築活動をおこなうボランティア活動「Step to Peace」に昨年から参加している小泉さん。全国から集った大学生ら
71人とベトナムのカンナムで6軒の家を建設しました。
小泉さんは現地での建設活動以外に、運営メンバーとして、SNSを活用したメンバーの募集、協賛企業の紹介や、イベントの企画などを担いました。初めて参加した昨年は100%の力を出し切ることができなかったとの思いが残ったそうですが、「今年は全ての時間を全力で使い、チーム一丸となってやりたいと思ったことを全て形にできた」と手応えがありました。次は来年2月から始まるベトナム留学で、現地のNGO団体の活動への参加も考えています。小泉さんは世界中の人に笑顔になってほしいという大きな目標に向かって歩みだしています。
fp35_10-04-2

ページの先頭に戻る
前のページに戻る