受験生のためのFUKUDAI LIFE

ホーム >  受験生のためのFUKUDAI >   >  自動車産業を支えるプレス機械ものづくりの魅力があふれています

自動車産業を支えるプレス機械ものづくりの魅力があふれています

羽田 傳栄さん

昭和49年 工学部機械工学科卒業
株式会社エイチアンドエフ常務取締役
羽田 傳栄さん

昭和49年 工学部機械工学科卒業/株式会社エイチアンドエフ常務取締役

羽田 傳栄さん

グローバルに展開するプレス機械メーカー

当社は、自動車のボディとなる外板パネル・内板パネルやピラー等の骨格部品をつくるための「プレス機械」を製造しているメーカーです。「プレス機械」とは鉄板を金型ではさみ、押すことで加圧して金型形状を鉄板に転写する機械のことで、自動車製造に欠かせない設備です。

当社の主なお客様は、日本の自動車メーカーや海外の日系メーカーです。「プレス機械」は3階建てのビルくらいの非常に大きなものですから、工場でブロックごとに組み上げたものを、現地で最終的に組み立てて完成させます。お客様のニーズに合わせて、全てがオーダー生産です。日本の自動車メーカーは世界各地へ進出していますから、当社の仕事のフィールドも世界に広がっています。組み立ての際には、当社の技術者が指導やセットアップをしますから、出張は短くても2ヶ月、社員の1割以上が常に海外にいる状況です。

設計からスタートし様々な業務を担当

茶道部での稽古風景学生時代はわりと真面目な生徒でしたよ(笑)。先輩の勧めで茶道部に所属していました。当時の建物は、現在の大学には全然残っていないですね。ちょっとしたイタズラをしたり、楽しい学生生活でした。還暦記念で皆が集まったときには、いろいろな思い出話で盛り上がりました。

私は、福井市出身で、地元で就職を考え、講座の先生に紹介していただいたのが当社でした。最初は設計をやっていましたが、その後は、設計標準化や、生産管理、品質保証、調達を担当してきました。30代の前半に当社がドイツの会社とライセンス契約を結んだことがあり、その担当として、ドイツ南部に1ヵ月程度滞在したこともあります。初夏のとてもきれいな季節でしたよ。

会社の成長とともに歩んだ40年

講座の仲間との旅行当社は、昨年、50周年を迎えました。私が入社したのは創業から10年目のことです。当時はあまり意識していませんでしたが、若い会社に入ったんだなと改めて思います。自動車メーカーさんの成長に合わせて、業務を拡大してきました。消費者相手の会社ではないので、知名度は高くありませんが、非常にダイナミックでやりがいのある仕事で技術屋には面白い会社だと思います。地元の製造メーカーですから福井大学の出身者は多く、歴代社長も数名は福大出身です。後輩の皆さんも、就職先として、ぜひ当社を検討してください。

採用試験などで学生さんとお会いすることもありますが、学生さんの持つ仕事のイメージと実際はかなり違います。あまりイメージを固定せずに、積極的に何にでもチャレンジする気持ちで臨んで欲しいと思います。辛いこともありますが、苦労したことの方が、達成感も味わえますよ。