福井大学教育学部附属学園寄附金

ホーム >  福井大学教育学部附属学園寄附金 >  附属学園長メッセージ

附属学園長メッセージ

「福井大学教育学部附属学園寄附金」ご支援・ご協力のお願い

fuzokukifu_message
福井大学教育学部附属小学校は1963年に、同中学校は1964年に二の宮キャンパスに移転開校し、50数年が経とうとしています。この半世紀の間に両校は、福井県は言うに及ばず、日本国を支える優れた人物を多数送り出してきました。加えて、教員養成を通して福井県の教育振興に大きく貢献してまいりました。卒業生の目を見張る活躍、全国で高い評価を受ける福井県の教育、どれも、附属学校に関わる者にとって、嬉々たる思いと同時に矜持をあらたにするところです。

近年、社会構造及び産業構造の転換やグローバル化に伴う学力観の見直し、少子化を克服する地域創生等、教育界には新たな課題が浮上しております。附属学校では、いち早くこの教育課題に立ち向かうべく、4つの附属学校園を統括する附属学園を設けガバナンスを強化しました。また、2017年に小学校と中学校を統合し、全国に先駆けて義務教育学校(旧小学校は前期課程、旧中学校は後期課程)を開校いたしました。

しかし、建物に目をやりますと後期課程の建物は築54年で老朽化が激しく、しかも、北体育館建設に伴い一部解体したままの手狭状態です。とても知識基盤社会に立ち向かう子どもたちを培う環境とはいえず、2018年度には自己資金で中央棟建設に踏み切りました。ただし、資金目途が立ったからではありません。昨今のひっ迫する国家財政を受け、附属学校の改築の差し止め状態にあり、加えて、国立大学の運営費交付金は年々減少する中で、子どもの成長を願う気持ち、如何としがたく、やむなくの決断でした。引き続き後期課程の改築を国に働きかけてまいりますが、新しい時代に立ち向かうためのICT設備・人員配置等において、対応できていない状況になっております。みなさま方のご尽力を得て、福井県及び日本における附属学校の存在を問うていきたいと考えております。よろしくご協力のほどお願いいたします。

一方、このような厳しい財政状況の中で、グローバル社会に生きる子どもたちの資質・能力を高めるべく、大学の利点を生かした取り組みも進めております。海外との生徒間交流や、海外現職教員の研修を附属学校で行うことで、教育内容を通してコミュニケーション力を高める試みも進めてまいります。世界にはばたこうとする子どもたちの姿は、何にも代えがたいものです。応援を重ねてお願いする次第です。

附属学園長 松木健一

ページの先頭に戻る
前のページに戻る