学生生活・就職

ホーム >  学生生活・就職 >  サークル紹介 >  松岡キャンパス

松岡キャンパス

体育系サークル

サークル名 目的 会員数(医学部会員数)
弓道部 弓道を通じた心身の鍛錬と、その成果を発揮し大会で良い成績を収めること。武道でもある弓道の考え方を学び、日常生活にも生かすこと。学内外の交流を深めること。 59
競技スキー部 競技スキーを通して練習の大変さ、大会の面白み、大会への目標をもって頑張る忍耐力を鍛える。また、近年人口が減少しつつあるスキーを部活動をもって宣伝する。
13
剣道部 剣道を通じ、剣道理念の下に学生として文武両道を全うし、広く社会に貢献するため。
18
硬式庭球部(男女) 伝統あるこの部を継続・向上させるため。
32
ゴルフ部 西医体等大会の出場。
34
サッカー部 西日本医科学生総合体育大会で良い成績を残すこと。
48
柔道部 柔道を通して人間性・精神・身体を鍛える。
7
準硬式野球部 春季・秋季北信越地区大会や西医体への練習を通して、野球の技術を向上させ、部員同士の交流を深める。
38
水泳部 水泳を通じて医療従事者に必要な体力づくりを行い、精神力を養うため。
68
ダンスサークルRAMSY 今までダンスをしてきた人やこれから始めたい人のために活動できる場を設ける。
21
卓球部 部活動を通して体力をつけるとともにいろんな活動を通して様々な人と出会う。
49
伝統空手道部 空手に取り組みたい人のため、空手の面白さを広めるため。
14
軟式テニス部 軟式テニスというスポーツを通じて人間性を育てる。
75
バドミントン部 バドミントン競技を通して部員同士の交流を深めると共に、日々の練習等によって体力増進・健康維持に努める。また、大会での好成績を目指す。
71
バスケットボール部(男女) 学業と部活の文武両道の伝統を引き継ぎ、大会で良い成績を修めるため。
48
ラグビー部 ラグビー競技を通じて人間的成長、集団協調性を目的する。また西日本医科学生総合体育大会での好成績を目指す。
38
バレーボール部(男女) チームスポーツを通して、チーム連携を学ぶため。医療人に必要な体力の強化。他学年・他学科間での交流を通じて学生生活を豊かにする。
55
陸上競技部 西医体において総合優勝を目指し、個人の能力、チームの団結力を高める。そして陸上を通して自分の中の弱さに打ち勝つこと、また生涯スポーツの普及に努める。
64
ワンダーフォーゲル部 登山を通しての体力づくり。自然の素晴らしさ、厳しさを感じ。生涯スポーツとなりうる登山を楽しむこと。
27
ヨット部 北5,西医体等の大会において好成績をおさめるため。また、部活動を通してセーリングの知識や経験を身に付けるため。 13
ハンドボール部 ハンドボールを通じ、人間的成長や心身鍛錬し、チームワークを育むことで、後の医療者として必要な能力を身に付ける。また、西医体での優勝という目標に向かってチーム一丸となり日々の練習に取り組む。
28
フットサルサークル フットサルを通して交流をはかる。運動も目的とする。
15
フィッシャーズ(釣り部) より多くの人に釣りの魅力を知ってもらい、日本屈指の好釣場のある福井で活躍するアングラーを増やしたいと考えております。
101

文化系サークル

サークル名 目的 会員数(医学部会員数)
福井IFMSA留学 他国に留学し、日本国外での医療の現場を経験し、将来の活動の幅を広げる。また、留学生を受け入れることで様々な医学生と交流する。
81
ア・カペラサークル MusicGlass アカペラを通して地域貢献をすることを目的として活動しています。
36
囲碁部 囲碁の上達及び囲碁を通じて判断力、忍耐力を養う。 11
ECS (English Conversation Salon) 英会話力、英語の力を身に付けるため。医学知識を学ぶため。
45
華道部 伝統文化に親しみ、礼儀作法を学ぶ 5
管弦楽団 器楽演奏を通じて音楽を楽しむとともに仲間とのつながりを形成する。
16
救急医療系サークルALFA 救急に対する理解を深め、それを通して全国の学生とつながり、また新たな分野の活動にも積極的に参加していくこと。
49
グルメ部 医療に将来従事する者として、毎日の食事を見直すため。
33
劇団くらげ 定期的に講演を行い、大学内外での活動を通して福井県の文化活動に貢献している。
10
考古学inフクイ 福井県の歴史・文化に触れ、学ぶことを通じ、福井の地で医学を学び、医療を行う者として相応しい教養を身につける。地域の人々や部員同士で交流すること。 8
茶道部 茶道の稽古を通して日本の伝統文化と礼儀作法を学ぶと共に、茶会等で一般の方へも伝える。 38
写真部 写真という技術に触れることで感性を養うことを目的とします。
9
小児ボランティアサークル 入院している子どもたちに楽しい時間を過ごしてもらう為。長期入院している子供は家族以外とふれあう機会があまり多くないという。そのような子どもたちが外の人と関わることに慣れる手助けをしたいというのも目的の1つである。
50
書道部 書道に親しむため。
5
美術部 作品の作成と販売を通して、医療人としての感性と、物事に真摯に取り組む姿勢を学ぶ。
20
てつがくカフェ@ふくmedi てつがくカフェの活動を通して。医療とケアを専門的な知識をクリアにした状態で今一度見直していく為。福井医療大学、一般のてつがくカフェ関連の活動をされている方と幅広く交流を持ちたい為。
8
べいくらぶ お菓子を作るという行為により、技術を習得したり、他学年など交流を深めるため。
50
福井大学医学部軽音楽部M-ROCK ライブへの参加を重きに置いて、各々バンドで集まり練習する。
38
熱帯医学研究会 日本とは違う医学を学ぶ。及び30年以上続く本学医学部と、チェンマイ大学医学部の交流の継続。
27
野ばら会 大学構内の緑化・美化。
8
ぷちぷら 「地域医療」や「家庭医療」について学生の頃より関わり、学び、考えていけるような活動を行う。それにより、幅広い視野の構築や積極性の向上を目指す。 24
文芸・漫画研究会 創作活動を通じて互いに交流を深め、また、豊かな人格を涵養せんとする。 51
ページの先頭に戻る
前のページに戻る