学生生活・就職

入学料免除・徴収猶予

【令和2年2月21日掲載】入学料免除・徴収猶予の実施について

入学料の納入が著しく困難であると認められる学生に対して、次の申請資格のいずれかに該当する場合は、本人の申請に基づき、選考のうえ、入学料の全部もしくは一部を免除、又は徴収猶予する制度があります。
令和2年度の入学料免除・徴収猶予を実施しますので、申請資格等を確認し、期限までに申請してください。

令和2年度から、学部学生は、高等教育の修学支援新制度(以下「新制度」)が実施されますので、必ず新制度における手続を行ってください。(新制度への申請方法は「高等教育の修学支援新制度」についてをご覧ください。)
学部生は、新制度へ申請する際に、別途「授業料等減免に関する申請書」を提出しますが、すでに新制度の採用候補者とならないことが判明している場合、又は4月に申請予定の入学者は、以下の申請も必要となります。なお、新制度の採用候補者となっている場合は、以下の申請は不要です。

※1 入学料免除又は徴収猶予の申請者は、選考の結果が出るまでの間、入学料の納付が猶予されます。
※2 入学料免除又は徴収猶予の申請者は、本学の入学手続を完了した後に、入学を辞退する場合は、入学料免除又は徴収猶予の申請を辞退したものとして、本来入学手続を行うまでに納付しなければならない入学料の「未納者」ということになりますので、直ちに入学料を納付していただくことになります。。

入学料免除

申請資格

【学部学生】
1.特別な事情による場合
① 入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合
② 入学前1年以内において、入学する者又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
③ ①②に準ずる場合であって、学長が相当と認める理由がある場合(学資負担者失職)

【大学院生】
1.経済的理由による場合
経済的理由によって納付期限までに授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合
2.特別な事情による場合
① 入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合
② 入学前1年以内において、入学する者又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
③ ①②に準ずる場合であって、学長が相当と認める理由がある場合(学資負担者失職)

入学料徴収猶予(猶予期間:入学月から6ヶ月)※入学料免除との併願が可能です。

申請資格

【学部生・大学院生】
1.経済的理由による場合
経済的理由によって納付期限までに授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合
2.特別な事情による場合
① 入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合
② 入学前1年以内において、入学する者又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
③ ①②に準ずる場合であって、学長が相当と認める理由がある場合(学資負担者失職)

申請方法

申請書類は、持参又は郵送で受け付けます(持参の場合は申請者本人が窓口へ提出してください)。
郵送の場合は、必要書類をすべて揃えた上で簡易書留又は特定記録で送付してください。
※受付の際には、家族状況等について詳細に聴取しますから、回答できるようにしておいてください。
※提出期限日は窓口がたいへん混雑し、待ち時間が長くなりますので、なるべく早く提出してください。

(1) 提出期限

大学院に入学(進学)する者
学部に入学する者
令和2年3月30日(月)
令和2年4月6日(月)
土・日・祝日を除く9時~12時、13時~17時
土・日・祝日を除く9時~12時、13時~17時

※提出期限を越えた場合は、理由の如何にかかわらず受理しません。期限内に提出できない場合は必ず期限日までに申しでて大学の指示を受けてください。郵送の場合は、提出期限日17時必着です。

(2) 提出場所及び問い合わせ先
文京キャンパスの学生:学生サービス課  学生支援担当(授業料免除) ℡.0776-27-8403
※敦賀キャンパス運営管理課を通しての提出も可能です。
松岡キャンパスの学生:松岡キャンパス学務課 入試・学生担当(授業料免除)  ℡.0776-61-8265

入学料免除申請関係書類【PDF】

申請及び問合せ先

・文京キャンパス学生サービス課 TEL:0776-27-8403
・松岡キャンパス学務課 TEL:0776-61-8265

ページの先頭に戻る
前のページに戻る