学生生活・就職

奨学金制度

日本学生支援機構の新しい給付奨学金については、「高等教育の修学支援新制度」のページを確認してください。

大学・大学院に在学する学生で、人物・学業ともに優秀であり、経済的理由により修学が困難と認められる者に対しては、独立行政法人日本学生支援機構や都道府県・市町村等の地方公共団体、公益法人の奨学金・育英会等の奨学制度があります。

大学の奨学金窓口

文京キャンパス 学生サービス課
松岡キャンパス 松岡キャンパス学務課

独立行政法人日本学生支援機構 貸与奨学金

日本学生支援機構貸与奨学金は卒業又は退学後、必ず返還しなければなりません。
毎年4月に新規奨学生の募集を行いますので、必要書類等を整えて指定された期日までに申請を行った者について、人物、学力及び家計を審査し、適格者を選考の上、日本学生支援機構に推薦します。適格者であっても採用人数の関係上、採用にならない場合があります。
なお、年度途中に家計急変・災害等の特別な事情が生じた場合には、緊急・応急採用で奨学金が申請できる場合もありますので、速やかに奨学金窓口へ相談に来てください。
また、予期できない事由により家計が急変した場合は、同機構の給付奨学金の対象者になるかどうかも確認するようにしてください。

種類及び貸与月額

学部
奨学金の種類 貸与月額 備考
第一種奨学金 自宅通学者 45,000円
自宅外通学者 51,000円
又は、30,000円の何れかを選択
無利子
※令和2年度から始まる新しい給付型奨学金と併せて
貸与を受ける場合、併給調整として月額の上限が制限
されます。
第二種奨学金 希望する月額を次の中から選ぶ。
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円
有利子(在学期間中は無利子)利率は固定型、又は見直し型より選択する。
大学院
奨学金の種類 貸与月額 備考
第一種奨学金 修士・博士前期課程 88,000円又は、50,000円の何れかを選択
博士後期課程 122,000円又は、80,000円の何れかを選択
無利子
第二種奨学金 希望する月額を次の中から選ぶ。
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円
有利子(在学期間中は無利子)利率は固定型、又は見直し型より選択する。

日本学生支援機構が定める収入基準を満たす場合には、「第一種奨学金」「第二種奨学金」の併用貸与を受けることもできますが、返還総額が多額になりますので、第二種奨学金の月額については、卒業後返還する場合のことを考えて慎重に選択してください。

詳細は日本学生支援機構のホームページをご確認ください。

都道府県・公益法人等の奨学金

これらの奨学金については、奨学生の募集がある場合に学内掲示板で案内します。

福井大学独自奨学金

福井大学生協奨学金及び福井大学学生修学支援奨学金

この奨学金は、福井大学に在学する学部学生への経済的支援を目的としています。この奨学金の財源は、福井大学生活協同組合からの寄附金及び福井大学基金を活用した学生修学支援事業によるものです。
詳細はこちら →福井大学生協及び福井大学学生修学支援奨学金

福井大学基金修学等奨学金

この奨学金は、福井大学に在籍する学部・大学院学生(社会人学生及び非正規学生を除く)で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けてアルバイト収入に減少があった学生への経済的支援を目的としています。また、この財源は福井大学基金を活用した学生修学支援事業によるものです。
詳細はこちら →福井大学基金修学等奨学金(アルバイト収入減)

福井大学基金予約型奨学金

福井大学への進学を強く希望している受験生の皆様に対し、入学後の修学に必要な経済的支援を行うことを目的とした奨学金です。入試出願前に奨学金を申請していただき、内定した方が入試に合格し入学した場合、所定の手続きを取ることで奨学生として正式に採用され、30万円が給付されます。なお、この奨学金は給付型の奨学金で、返還の必要はありません。
詳細はこちら →(募集要項

ページの先頭に戻る
前のページに戻る