東京都の江戸川区議会議員一行が本学を視察しました

ホーム > ニュース >  東京都の江戸川区議会議員一行が本学を視察しました

9月6日(金)、東京都の江戸川区議会議員ら10名が、全国的に高く評価されている本学教職大学院の視察を行いました。教職大学院の専任教員である森透教授と木村優准教授は、教職大学院の使命や教育内容などを紹介。学校現場を実践的な学びの場とする「拠点校方式」や、教員が自身の職場にいながら、リーダーとしての資質や技術を身につけることができる教育課程「スクールリーダー養成コース」といった独自の取り組みを説明すると、議員らは「ぜひ参考にしたい。」と、高い関心を示していました。

その後も、県教育委員会と教職大学院の連携や、県外の現職教員の入学についてなど、多くの質問に松田通彦教授や二宮秀夫教授らが答え、活発な意見交換が行われていました。

│ 2013年9月10日 │