平成24年度文部科学省事業「グローバル人材育成推進事業」に採択されました。

ホーム > ニュース >  平成24年度文部科学省事業「グローバル人材育成推進事業」に採択されました。

本学はこの度、平成24年度文部科学省事業である「グローバル人材育成推進事業」に東海・北陸地区の国立大学で唯一、採択されました。

「グローバル人材育成推進事業」は、若い世代の「内向き志向」を克服し、国際的な産業競争力の向上や国と国の絆を強化する基盤として、グローバルな舞台に積極的に挑戦し活躍できる人材の育成を図るべく、大学教育のグローバル化を目指した体制整備を推進する事業に対して重点的に財政支援することを目的としています。

本学が採択されたタイプB(特色型)は、本事業において設定する目標について、本構想の対象となる学部・研究科等でその達成を目指す取組が対象となります。

採択された本学事業は、工学部・工学研究科を中心として、21世紀のグローバル社会において、高度専門職業人として活躍できる優れた人材育成を目指し、国際的にも通用する質の高い教育の実施を目指す取組です。具体的には次に挙げる3本柱を中心に展開します。

  1. 実践的グローバル人材育成プログラムを開発、実施します。本学で既に実施している学術交流協定校、留学生同窓会、海外進出地元企業、福井県との産学官民連携による短期工学教育プログラムの実績を基にした「海外インターンシップ」を展開し、短期・長期留学をさらに促進します。
  2. 平成23年度に設置した「語学センター」により、旧来の語学教育を刷新し、実学志向の本学にマッチした総合的な4技能育成を重視した実践的語学教育を推進します。
  3. 全学的に「国際的水準での教育課程」の実現を進めます。また、国際的水準での教育の質保証のために、独自に海外先進大学のベンチマーキングを行い、本学独自の国際的評価を推進し、新たな教育の質向上のPDCAサイクルを構築します。

【福井大学】グローバル人材育成推進事業概要
以上のように施策を効果的に組み合わせ推進し、地方の中小規模総合大学が実施可能であり、これからの地方に必要とされるグローバル人材育成モデルの構築と実行を目指します。

【文部科学省】

【日本学術振興会】

│ 2012年9月28日 │