「平成23年度中堅職員研修の振り返り研修」を実施

ホーム > ニュース >  「平成23年度中堅職員研修の振り返り研修」を実施

福井大学では、主任及び係員として組織内での位置付けと役割を再認識させるとともに、次世代のリーダーとして主体的に仕事をマネジメントし、実務を通して後進の指導を図ることのできる職員の育成を目的として、昨年10月13日・14日に中堅職員研修を実施しました。今回、その振り返り研修を1月20日に実施しました。平成2年から12年までに採用された17名の主任及び係員が受講しました。

振り返り研修では、「研修3ヶ月間の振り返り」と「部下とのコミュニケーション(コーチング)事例研究」及び「職場の問題解決に再挑戦」について、全員参加型のグループワークを行いました。「研修3ヶ月間の振り返り」では、前回の研修からの3ヶ月間を振り返り、成功したこと、失敗したこと、自分なりに達成できたことについてグループ内で討論しました。

その後個人ワークを行い、バリューカード分析等を用いてグループワークで明確になった自分の強みと課題、価値観や信念を再認識することで、今後の職務への原動力に繋がりました。また、各職場の課題について再設定が行われ、その課題を目標に転換し、達成に向けて実施事項を明確にすることの重要性について再確認しました。

「部下とのコミュニケーション(コーチング)事例研究」及び「職場の問題解決に再挑戦」では、様々な事例研究をグループワークで行い、スタイル別のコミュニケーションについて活発な意見交換が行われました。

受講者にとって、主任及び係員として、さらにステップアップするための大変有意義な研修となりました。

img_10578_1

│ 2012年2月13日 │