公開講座「福井豪雨から6年〜思い出してみよう水害の状況〜」を開催しました。

ホーム > ニュース >  公開講座「福井豪雨から6年〜思い出してみよう水害の状況〜」を開催しました。

7月17日、福井大学地域環境研究教育センターは、平成16年に起こった福井豪雨を検証し、今後に役立てようと、公開講座を開催しました。豪雨当時に調査に当たった同センター教員が、当時の水害の状況を写真やデータで詳細に解説後、国土交通省からは水害の状況を数字で示したデータについて、福井県からは足羽川激特事業について、それぞれ説明がありました。約60名の参加者から、当時の水害の状況やその後の対策事業について、次々と質問があり、関心の深さが伺えました。

また、総合図書館で同時開催の『福井豪雨映像アーカイブス展』では、参加者は当時の映像や、非常食・防災用具等の展示に感慨深げに見入っていました。

img_10229_1

│ 2010年7月17日 │