シンポジウム&ワークショップ「今、求められている学力とは?」を開催しました。

ホーム > ニュース >  シンポジウム&ワークショップ「今、求められている学力とは?」を開催しました。

2月14日、「いま、求められている学力とは?」をテーマにシンポジウム及びワークショップを開催し、福井県内小・中・高等学校長、教諭及び在学生約80名が参加しました。

基調講演、シンポジウム、ワークショップの3部構成で、基調講演では京都大学大学院教育学研究科・准教授の西岡加名恵氏が「活用する力を育てるカリキュラムと評価−パフォーマンス課題の可能性−」について講演しました。続いて、シンポジウムがあり、最後に、キューブ・パズル、アニメーションソフトやフェルト帽子を活用した教材をテーマにワークショップが開かれました。

同大教育学研究科 教育内容・教材開発研究会では、「知識」と「活用」の両方の力を育てる教材づくりに取り組んでいます。今回は、全国学力・学習状況調査の内容・結果を検証し、教育現場の実情を明らかにしながら、改めてこれからの教育を検討することとなりました。

│ 2009年2月25日 │