「平成26年度『ライフサイクル医学』推進 学部長裁量経費成果発表会」および「第6回医学部優秀論文発表会」を開催しました

ホーム > ニュース >  「平成26年度『ライフサイクル医学』推進 学部長裁量経費成果発表会」および「第6回医学部優秀論文発表会」を開催しました

7月30日、「平成26年度『ライフサイクル医学』推進 学部長裁量経費成果発表会」を開催、医学部が支援した「ライフサイクル医学」に関連する5件の研究を発表しました。

引き続いて、「第6回 医学部優秀論文発表会」を開催。平成26年4月から平成27年3月までに発表された論文を対象に、応募のあった中から医学研究推進室が14編を優秀論文に選考、整形外科学領域の大学院生 渡邊 修司 先生の「Early Transplantation of Mesenchymal Stem Cells after Spinal Cord Injury Relieves Pain Hypersensitivity Through Suppression of Pain-Related Signaling Cascades and Reduced Inflammatory Cell Recruitment.」(「STEM CELLS」に掲載)が最優秀論文賞に選ばれました。発表前には、それぞれの受賞者に表彰状が授与されました。

│ 2015年8月3日 │