次期学長予定者の選考について

ホーム > ニュース >  次期学長予定者の選考について

平成27年7月23日
国立大学法人福井大学学長選考会議

平成27年7月23日に開催した国立大学法人福井大学学長選考会議において、下記の者を学長予定者として選考しましたので、公表します。

1.学長予定者
氏名 眞弓光文(まゆみ みつふみ)(66歳)
任期 平成28年4月1日~平成31年3月31日(3年間)

2.選考過程及び選考理由
学長選考会議は、6月16日の選考会議で国立大学法人福井大学学長の任期に関する規則第2条及び国立
大学法人福井大学学長選考規則第17条に基づき、現学長眞弓光文氏の再任の選考を開始しました。また、
本日(7月23日)の会議において、現学長の業務執行状況の確認、監事への意見聴取及び現学長へのヒア
リングを行いました。
その結果、学長選考会議は、眞弓光文氏が学長選考規則第4条に定める「人格が高潔で、学識が優れ、
かつ、大学における教育研究活動を適切かつ効果的に運営することができる能力」並びに学長選考会議が
定める「福井大学の学長に求められる資質・能力」を有する者であると認め、同氏を次期学長予定者に
決定しました。

3.学長の任命
この選考結果に基づき、文部科学大臣への申出を行い、文部科学大臣の任命を受け学長となる予定です。

│ 2015年7月23日 │