子どものこころの発達研究センターが研究成果を発表しました

ホーム > ニュース >  子どものこころの発達研究センターが研究成果を発表しました

本学子どものこころの発達研究センターが中心となって行った愛着障害に関する研究成果3件が、科学雑誌に掲載されます。

  1. 子どものこころの発達研究センター 島田 浩二 特命助教らが発表した論文「Reduced visual cortex grey matter volume in children and adolescents with reactive attachment disorder」(日本語タイトル:「反応性愛着障害児における視覚野灰白質容積の減少」)が科学雑誌「NeuroImage: Clinical」電子版に掲載されました。
    報道発表資料はこちらからご覧いただけます(pdfデータ)
  2. 医学部附属病院子どものこころ診療部  滝口 慎一郎 医師、理化学研究所 水野 敬 上級研究員らが発表した論文「Impaired neural reward processing in children and adolescents with reactive attachment disorder: A pilot study 」(日本語タイトル:「反応性愛着障害児における報酬系異常の神経基盤探索に関する予備的研究」)が科学雑誌「Asian Journal of Psychiatry」電子版に掲載されました。
    報道発表資料はこちらからご覧いただけます(pdfデータ)
  3. 医学部附属病院子どものこころ診療部  滝口 慎一郎 医師らが発表した論文「Ventral striatum dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder: A functional MRI Study」(日本語タイトル:「機能的MRIで解明された反応性愛着障害児における腹側線条体の機能不全」)が科学雑誌「British Journal of Psychiatry Open」電子版に掲載されます。
    報道発表資料はこちらからご覧いただけます(pdfデータ)
│ 2015年10月5日 │