福井大学×福井銀行主催 SDGs交流イベント開催

ホーム > ニュース >  福井大学×福井銀行主催 SDGs交流イベント開催

交流イベントの様子本学は、7月22日(金)に学生がSDGsについて気軽に学ぶことを目的とした交流イベントを、福井銀行と共催で開催しました。人と環境にやさしい服作りを通してよりよい社会の実現を目指す学生団体「やさしいせいふく」の講演やSDGsに積極的に取り組む県内企業との意見交換を行いました。講演では、例えば衣料品の生産段階で生じる大量の染色排水が水質汚染の要因となっていること、綿の生産に使用される大量の農薬でインドの生産者が皮膚病に罹ってしまうこと、コスト追及による大量生産が大量廃棄に繋がっていることに触れ、服飾産業の環境負荷の高さを訴えました。また、SDGsの取り組みについて「変えたいという思いだけでは続きにくい。自分のできることから始めてみてほしい」と呼びかけました。「やさしいせいふく」の講演

 続いて学生と企業がグループに分かれ、企業のSDGsの取り組みや、自分が考えるSDGsとは何かなどについて意見交換を行いました。参加した学生は「SDGsに取り組むきっかけは企業によって異なることがわかった。いろいろなスタート地点があることを知って、私たちもSDGsを始めるヒントになり、取り組みやすくなる」と話しました。
学生と企業の意見交換会

│ 2022年8月1日 │
ページの先頭に戻る
前のページに戻る