受験生のためのFUKUDAI LIFE

ホーム >  受験生のためのFUKUDAI >  教育学部

教育学部

戦国の村社会にあって 庶民はどう生き抜いたのか

人々の命を生かす村社会 戦国時代、命を脅かす「戦争」や「飢饉」の間も、人々が生きるために、「村」は様々な機能を有していました。戦争が始まれば、村は隣国の侵攻を防ぐ武力主体となり、村の中で問題がおこれば村の武力が解決しました。また、村には有力[...]

教室のデータを集め よりよい教育を追究する

現場に寄り添う教育心理学 「教師の授業がマンネリ化している」色々なところでよく耳にする言葉ですが、本当のことでしょうか。 教育心理学は、心理学的アプローチを用いて教育の諸問題に取り組んでいく学問で、発達や学習、認知、記憶など、カバーする領域[...]

体を楽器に心に届く演奏を

体を楽器として演奏する スポーツ観戦の時、大きな声を出して応援すると、翌日には声が嗄れてガラガラになった経験のある人は多いと思います。声を作り出す声帯は繊細な器官なのです。私は、自分自身の体を楽器にし、美しい響きのある「声」を用いて、オペラ[...]

「地質」の今から未来を知る

活断層の動きを探る 大学に入学し、専門として選んだのが「地球科学」という分野でした。研究室にこもるというのが性に合わず、野外へ出たいという思いがあったからでした。大学を出た後は、地質調査所(現在の産総研)という国の研究機関で7年弱、海域の地[...]

英語を通じて「こころ」のメカニズムを解明

言わなくても通じる英語の不思議 「英語学」とは、英語という言語がどのような仕組み、規則・法則によって成り立っているかを科学的な手法で研究する学問です。イメージしやすいところでは、中学校や高校で学ぶ英文法にあたるものなどが研究対象です。古代ギ[...]

心と向き合い自己治癒力を活性化

人間の心のすごさに深く感動 1995年1月17日の阪神・淡路大震災で被災した経験が、私の専門分野の決定に大きな影響を与えました。ある日突然、当たり前の日常が非日常になる体験をすると、その出来事がトラウマとして残ることがあります。自らの経験を[...]

変化する世界の中の変わらないものに注目する

地域区分の不思議 越前、加賀、能登、越中、越後。なぜ越前と越中の間に加賀や能登があるのか。北陸の昔の国名やその並びを知って不思議に思ったことはありませんか? 私は子どもの頃、出身地の千葉を含めて東京、埼玉の3都県にまたがって「葛飾」という地[...]

「人は変われる」をモットーに 生徒の力を引き出す

ドラマのようなチームの躍進 来春には映画化も  初めて赴任した県立坂井農業高校での11年を経て、福井商業高校へ移って、私の教師人生は大きく変わりました。福井商業のバトン部をチアリーダー部に変え、それから3年後の2009年に全米チアダンス選手[...]