Fukui Medical High School(FMHS)開講式を挙行しました

ホーム > ニュース >  Fukui Medical High School(FMHS)開講式を挙行しました

 

福井県内外の高校1・2年生が参加する「生命医科学フューチャーグローバルサイエンティスト育成プログラム “Fukui Medical High School(FMHS)”」の開講式が7月23日に医学部の合併講義室で行われました。

FMHSとは、生命医科学分野をはじめとする理数分野全体の将来を担う研究者や医学者等をめざす生徒をフューチャーグローバルサイエンティストとして育成することを目的としています。今年度は福井県内、石川、滋賀、京都、愛知、茨城県から集まった65名が参加し、夏休みを中心に医学部、工学部において多様な講義・実習、英語演習など基礎能力を養う継続的なプログラムに取り組んでいきます。

開講式では、FMHS校長の上田 孝典副学長が「面白いことや楽しいことはずっと心に残ります。普通の学校とは違い、暗記するような学びよりも、講義や実験の中から何か一つでもずっと心に残るようなものをみつけて、今後に生かしてください。皆さんを心より歓迎します」と挨拶しました。続いて、第1回目の講義があり、上田副学長が「臨床医から観たヒト」と題した基礎講義を行いました。聴講した男子学生は、「先生が楽しんで研究をされている様子が伝わってきて、研究は誰かのためにするものだと思っていましたが、大事なことは自分の好きなことを突き詰めていくことだと感じました」と話してくれました。

DSC_2626-1(上田先生挨拶)

DSC_2727(講義風景)

│ 2016年7月23日 │