第2回 医学科、看護学科の合同講義を開催しました

ホーム > ニュース >  第2回 医学科、看護学科の合同講義を開催しました

7月24日(木)、今年度2回目となる医学科2年生、看護学科2年生の合同講義を開催しました。この講義は、実際の医療現場で行われている多職種が連携したチーム医療を見据えた取り組みの一つで、今年度から新たに実施し、初回となる1回目は、6月に卒業年度が同じになる医学科3年生と看護学科1年生で実施しました。

この日の講義は、午前、午後にわたり行われ、担当した地域プライマリケア講座(福井県高浜町和田診療所内) 井階 友貴講師が、高浜町のキャラクター赤ふん坊やをゲストに迎え、高浜町について紹介したあと、地域医療をテーマにした5つの課題に対し、10人ほどのグループで話し合いました。午後には、地域医療に取り組む医療者や行政担当者、地域住民などがグループに加わり、さらに課題を変えて話し合いました。学生たちは、それぞれの立場で地域医療に取り組む方々から話を聞き、地域医療について理解を深めました。

今後も、年に2回程度の予定で合同講義を継続し、将来的には、臨床実習でもチーム医療を見据えて合同で実習を行いたいとしています。

│ 2014年8月1日 │