ブータン王立大学シェルブツェカレッジ学長の一行が来学されました

ホーム > ニュース >  ブータン王立大学シェルブツェカレッジ学長の一行が来学されました

2月8日にブータン王立大学シェルブツェカレッジ学長の一行が本学を表敬訪問しました。
一行は2月6日から8日の日程で福井県を訪問しており、ブータンの大学から本県に来訪されるのは今回が初めて。
ツェリン・ウォンディ学長は懇談で「同じ仏教国である日本の文化は親しみやすく、福井での教育システムなども参考になる部分が多い」と述べ、眞弓光文学長は「ブータンの学生にも、ぜひ本学に学びに来てほしい」と話しました。
引き続いて、寺岡英男理事(教育・学生担当)が4月に開設する国際地域学部との学術交流協定締結について話し合い、学生および研究者の交流の可能性について意見交換を行いました。

DSC_6147

│ 2016年2月10日 │