工学部建築学科(現・建築建設工学科)昭和44年卒同窓生が母校を訪問しました。

ホーム > ニュース >  工学部建築学科(現・建築建設工学科)昭和44年卒同窓生が母校を訪問しました。

5月28日、福井大学工学部建築学科(現・建築建設工学科)昭和44年卒同窓生13名が母校を訪問した。同窓生たちは、卒業後定期的に各地で同窓会を開いており、今回、福井での開催にあわせての訪問となった。

はじめに、工学部建築建設工学科の演習室や研究室を見学し、製図室では様々な製図道具が並べられているのを見て、当時を思い出し懐かしい風景に盛り上がった。

学内見学後は、研究担当の眞弓光文理事から大学の現状について説明があり、「いつでも、母校にお立ち寄りいただき、今後の福井大学の発展にぜひご協力いただきたい」と話した。同窓生からは、「福井大学が就職率NO.1だということは知っていたので、母校の活躍を耳にすると嬉しい。今後もさらなる活躍をみせてほしい。」との声があり、久しぶりの母校訪問で懐かしいひと時を過ごした。

img_10647_1

│ 2012年6月5日 │