敦賀「原子力」夏の大学を開催します。(9月6日〜11日)

ホーム > ニュース >  敦賀「原子力」夏の大学を開催します。(9月6日〜11日)

福井大学、日本原子力研究開発機構及び若狭湾エネルギー研究センターでは、ふくい県が推進するエネルギー研究開発拠点化計画(「人材の育成・交流」)の一環として、県内をはじめ関西・中京圏等の学生を対象に原子力への理解を深め、将来を担う原子力技術者を養成するとともに、大学間の連携を促進するため、『敦賀「原子力」夏の大学』を開催します。

また、9月10日(金)には、福井県若狭湾エネルギー研究センターにて、一般の方も聴講可能な日・仏・米の講師による公開講座(逐次通訳付き)を開催します。

  1. 期間
    平成22年9月6日(月)〜9月11日(土)
  2. 実施場所
    福井県若狭湾エネルギー研究センター(9月6日、10日)
    (独)日本原子力研究開発機構 国際原子力情報・研修センター他(9月7日〜9日)
    敦賀短期大学(9月11日)
  3. 受講生
    福井大学、金沢大学、京都大学、神戸大学、岡山大学、名古屋大学、静岡大学、東京工業大学、筑波大学、福井工業大学、近畿大学の大学院生等 (合計:40名)

【公開講座のご案内】 一般の方も聴講できます。

敦賀「原子力」夏の大学 −日・仏・米講師による−公開講座

テラパワー社社長が語るビル・ゲイツの夢
〜100年間連続稼働する次世代原子炉開発とは?〜

日時 平成22年9月10日(金)9:00〜15:00
場所 福井県若狭湾エネルギー研究センター

【 添付ファイル 】

  • 公開講座チラシ・申込み

【 関連リンク 】

│ 2010年8月23日 │