総合図書館リニューアルオープン記念展示「郷土の歌人 山川登美子展」を開催しました。

ホーム > ニュース >  総合図書館リニューアルオープン記念展示「郷土の歌人 山川登美子展」を開催しました。

福井大学では、総合図書館のリニューアルオープンを記念し、5月29日〜6月18日、リニューアルオープン記念展示「郷土の歌人−山川登美子展」が開催されました。

山川登美子は、福井県小浜市出身の歌人で、与謝野鉄幹が主催する『明星』の同人として、鉄幹、鳳(与謝野)晶子らとともに、明治歌壇刷新の一翼を担いました。今回、山川登美子記念館と越前和紙を愛する会の協力を得て、同大所蔵の山川登美子直筆ノートや、鉄幹、晶子らとの寄せ書き扇面のほか、学生・教職員による手書きの短冊で登美子の生涯を紹介しました。

記念展示には、一般の方を含む約1,200名が来場し、遠くは東京、大阪からの来場もありました。また、「大学を身近に感じることができた」「郷土の偉人のことを知ることができた」等の声が寄せられました。

開催期間中は、同大教育地域科学部 越野 格 教授による講演「山川登美子の詩―現代語訳を試みて―」が開催され、会場を埋め尽くすほどの盛況ぶりでした。

│ 2009年7月13日 │