受験生の方へ

ホーム >  受験生の方へ >  入試情報・募集要項 >  アドミッション・ポリシー >  教育学部アドミッション・ポリシー

教育学部アドミッション・ポリシー

アドミッションポリシー

教育理念

学校教育の様々な課題に対して高い専門性をもって積極的に取り組む人を育てる学部,それが教育学部です。
本学部には,小学校,特別支援学校,幼稚園などの教員を養成する「初等教育コース」と中学校,高等学校などの教員を養成する「中等教育コース」の2つのコースがあります。それぞれのコースでは,教科・領域の専門性を横断的,系統的に身につけ,学習者の成長や学習に対する専門的理解を深め,地域と連携できる能力を備えた教員の養成を通じて広く社会の発展に寄与することを目指しています。

求める学生像

  1. 高等学校などで身につけた基礎学力の上に立って,主体的・協働的に学ぶことができる人
  2. 人間の教育や心理に興味を持ち,初等・中等教育における各教科の教育に強い関心を抱いている人
  3. 子どもの成長を支えられる豊かな人間性と優れたコミュニケーション能力を有している人
  4. 教育への情熱や探究心を持ち,学校を中心とする地域・社会の諸課題に積極的に取り組んでいこうとする人

入学者選抜の基本方針

【一般選抜(前期日程)】

基礎学力を総合的に判定するために,大学入学共通テストを課します。さらに,文系型・理系型の選抜では,選抜区分に応じた教科・科目の学力を重視した学力検査を実施し,専門分野の学習に必要な知識・能力を評価します。実技型(音楽)の選抜では,実技検査,実技型小論文及び面接(口述試験を含む)を実施し,専門分野の学習に必要な知識・技能及び意欲を評価します。実技型(体育)の選抜では,実技検査,実技型小論文を実施し,専門分野の学習に必要な知識・技能及び意欲を評価します。

【一般選抜(後期日程)】

基礎学力を総合的に判定するために,大学入学共通テストを課します。さらに,教育,文化,科学・技術,人間の発達に関わる課題を扱った小論文を課します。また,特別支援型の選抜では,特別支援教育に関連する資料を扱った小論文を加えて課し,専門分野の学習に必要な論述的思考力や表現力を評価します。

【学校推薦型選抜Ⅰ】(大学入学共通テストを課さない)

○実技型(技術)
調査書,推薦書,志願理由書等により技術科で学ぶ者に求められる資質・能力,適性を評価します。また,実技検査,実技型小論文及び面接(口述試験を含む)により,基礎的技能の程度と技術教育への興味・関心,目的意識や意欲,論理的思考力を評価します。

【学校推薦型選抜Ⅱ】(大学入学共通テストを課す)

○面接型(総合)
大学入学共通テストにより基礎学力を総合的に判定し,調査書,推薦書,志願理由書により,初等及び中等教育を学ぶための資質,適性を評価します。また,面接(プレゼンテーション及び口述試験を含む)により,目的意識や意欲,論理的思考力を評価します。

○面接型(家庭)
大学入学共通テストにより基礎学力を総合的に判定し,調査書,推薦書,志願理由書により,初等及び中等教育を学ぶための資質,適性を評価します。また,面接(プレゼンテーション及び口述試験を含む)により,家庭科教育に対する目的意識や意欲,論理的思考力を評価します。

○実技型(音楽)
大学入学共通テストにより基礎学力を総合的に判定し,調査書,推薦書,志願理由書及び面接(口述試験を含む)により,音楽及び音楽教育に対する理解や意欲について評価します。また,実技検査では,ピアノ,声楽,管弦打楽器の選択課題により,表現の技能及び音楽性を判定します。

【総合型選抜Ⅰ】(大学入学共通テストを課さない)

○実技型(美術)
第1次選考では,プレゼンテーション(プレゼンテーションの資料作成・口頭発表)と提出書類(調査書,志願理由書,自己推薦書等)により,基礎的学力を総合的に判断し,初等教育及び中等教育を学ぶための資質,適性を評価します。
最終選考では,実技検査(基礎的な造形力を素描にて考査)と面接(口述試験を含む)により,教育の諸課題に主体的に取り組む意欲・資質・適性等を評価します。

 

ページの先頭に戻る
前のページに戻る