受験生の方へ

ホーム >  受験生の方へ >  入試情報・募集要項 >  アドミッション・ポリシー >  医学部アドミッション・ポリシー

医学部アドミッション・ポリシー

(1)医学部で養成する人物像

医学科 ① 高い倫理観・責任感,優れた共感力とコミュニケーション力を備えた患者中心の医療を実践できる臨床医を育成する。
② 医学および関連領域の知識と技能を応用して,医療における高度専門職業人として活躍できる医師・医学研究者を育成する。
③ 地域のニーズを踏まえた地域医療を実践できるとともに,グローバルな視点に立って医療の国際化に貢献できる臨床医を育成する。
看護学科 ① 高い倫理観・責任感,良識ある人間性とコミュニケーション力を備えた対象者中心の看護を実践できる看護師・保健師・助産師を育成する。
② 看護学及び関連領域の知識と技能を応用し,高度専門職業人として活躍できる看護師・保健師・助産師を育成する。
③ 地域のニーズを踏まえた看護を実践できるとともに,グローカルな視点に立ち「ふくい」の地域医療に貢献できる看護師・保健師・助産師を育成する。

(2)求める学生像

(2-1)求める学生像

医学科 ① 医師となるにふさわしい豊かな人間性,周囲との協調性,コミュニケーション力,責任感を有する人
② 奉仕の精神を持ち,人を思いやり,尊重することのできる人
③ 医学教育内容を十分理解するために必要な幅広い基礎学力と応用能力に富み,自ら学び続ける学修意欲のある人
④ 医学・医療を通じて地域社会や国際社会に貢献しようとする強い情熱と意欲を持つ人
⑤ 地域を愛し,医師として地域医療に貢献することを望む人
⑥ 医学・生命科学に強い関心をもち医学研究者になることを望む人
看護学科 ① 看護に関心を持ち,将来看護職として,地域医療に貢献したいと考える人
② 倫理的感性を有し,人間の尊厳と権利を尊重することができる人
③ グローバル化が進展する社会に関心をもつことができる人
④ 基礎学力の上にたって,人と地域社会に関心をもって学習に臨める人
⑤ 協調性がありコミュニケーション能力のある人
⑥ 誠実な心を持ち,主体的で意欲のある人

(2-2)入学前に学習しておくことが期待される内容

医学科では,高等学校段階までの数学や理科,英語をしっかりと学び,加えて国語,地歴公民などを含む5教科を総合的に学び,基礎学力が十分身についていることが必要です。5教科を広く学ぶことで医学を学び生かす基礎学力と応用能力を養い,その中で人間性や協調性,責任感を身につけることを期待します。(医:学生像①-⑤)
医学科学士編入では,理系大学教養課程修了に相当する基礎学力(生命科学関連,英語等),応用能力,学修意欲が十分身についていることが必要です。その中で医学における人間性や協調性,責任感共感力やコミュニケーション力,学士としての経験や意欲が醸成されていることを期待します。(医:学生像⑥)
看護学科では,高等学校段階までの数学,理科,英語,国語,地歴公民などの5教科について基礎学力が幅広く十分身についていることが必要です。その中で人間性やコミュニケーション力を養い,基礎学力の上に立って人と地域社会に関心をもって学習に臨むことを期待します。(看:学生像①②)

(3)入学者選抜の基本方針

【入学者選抜の基本方針】

医学科  様々な資質・背景を持つ多様な人に広く門戸を開くため,次のような選抜方法を行っています。全ての試験に面接試験を課し,医師としての資質・適性・将来性を判断することにより,「求める学生像」に相応しい人の選抜に努めています。
①一般選抜(前期日程)
高等学校卒業者及びそれに準ずる学力を持った者に対し,大学入学共通テスト,個別学力検査,面接の成績及び調査書の内容を総合的に評価して選抜します。大学入学共通テストに加え,個別学力検査を課し,医学を学び生かす基礎学力や科学的,論理的思考力を評価します。
②一般選抜(後期日程)
高等学校卒業者及びそれに準ずる学力を持った者に対し,大学入学共通テスト,小論文,面接の成績及び調査書の内容を総合的に評価して選抜します。大学入学共通テストに加え,小論文を課し,医学を学び生かす基礎学力や科学的,論理的思考力を評価します。
③学校推薦型選抜Ⅱ:全国枠
学習成績や人格に優れた者として高等学校長の推薦する高等学校卒業見込み者及び1年前に高等学校を卒業した者に対し,大学入学共通テスト,面接の成績及び提出書類(推薦書,志願理由書,調査書)を審査し,総合的に評価して選抜します。大学入学共通テストの成績で医学を学び生かす基礎学力や科学的,論理的思考力を評価すると共に,面接と書類審査によって「求める学生像」に相応しい人を選抜します。
④学校推薦型選抜Ⅱ:地域枠
学習成績や人格に優れ,福井県内において医療に従事する強い意思を有し,かつ高等学校長の推薦する福井県内の高等学校卒業見込み者及び1年前に高等学校を卒業した者等に対し,大学入学共通テスト,面接の成績及び提出書類(推薦書,志願理由書,調査書)を審査し,総合的に評価して選抜します。大学入学共通テストの成績では医学を学び生かす基礎学力や科学的,論理的思考力を評価すると共に,面接と書類審査では福井県内の医療に従事する強い意思を評価します。
⑤学校推薦型選抜Ⅱ:福井健康推進枠
学習成績や人格に優れ,福井県内において医療に従事する強い意思を有し,かつ高等学校長の推薦する高等学校卒業見込み者及び1年前に高等学校を卒業した者に対し,大学入学共通テスト,面接の成績及び提出書類(推薦書,志願理由書,調査書)を審査し,総合的に評価して選抜します。大学入学共通テストの成績では医学を学び生かす基礎学力や科学的,論理的思考力を評価すると共に,面接と書類審査では福井県内の医療に従事する強い意思を評価します。
⑥学士編入学
大学卒業者及びそれに準ずる学力を持った者に対し,個別学力検査,書類審査及び面接の成績を総合的に評価して選抜します。個別学力検査では理系大学教養課程修了に相当する基礎学力(生命科学関連,英語等)を評価します。面接では学士としての見識と経験,医学を学ぶ目的と強い意欲を判断します。合格者は2年次前期(4月)に編入します。
看護学科  「求める学生像」にふさわしい者を選抜するため,多様な観点から受験者の学力や資質を評価します。また,全ての試験に面接を課し,看護を学ぶ意欲・積極性・表現力・協調性・一般的態度を評価することにより,アドミッション・ポリシーに沿った入学者選抜に努めています。
①一般選抜(前期日程・後期日程)
高等学校卒業者及び同等以上の学力があると認めた者に対し,大学入学共通テスト,小論文,面接の成績及び調査書の内容を総合的に評価して選抜します。大学入学共通テストでは高等学校等での教科面における学習達成度を評価します。小論文及び面接では,看護を学ぶための適性を総合的に評価するとともに,調査書により受験者の資質を評価します。
②学校推薦型選抜Ⅰ
人物,学力ともに優秀であると高等学校長から推薦された高等学校卒業見込者に対し,小論文,面接の成績及び提出書類(推薦書,志願理由書,調査書)を審査し,総合的に評価して選抜します。小論文及び面接では,看護を学ぶための適性を総合的に評価するとともに,書類審査により受験者の資質を評価します。

入学者選抜方針に基づき、以下の入試区分ごとに示す方法で、学力の 3要素等を多面的・総合的に評価し,入学者を選抜します。

【医学科】

入試区分 評価方法 知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体性を持って多様な
人々と協働して学ぶ態度
一般選抜(前期) 大学入学共通テスト
個別学力検査(教科)
面接
調査書
一般選抜(後期) 大学入学共通テスト
小論文
面接
調査書
学校推薦型選抜Ⅱ 大学入学共通テスト
面接
推薦書
志願理由書
調査書
学士編入学 個別学力検査(自然科学総合)
志望理由書
成績証明書
面接

は重視するもの

【看護学科】

入試区分 評価方法 知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体性を持って多様な
人々と協働して学ぶ態度
一般選抜(前期) 大学入学共通テスト
小論文
面接
調査書
一般選抜(後期) 大学入学共通テスト
小論文
面接
調査書
学校推薦型選抜Ⅰ 小論文
面接
推薦書
志願理由書
調査書

は重視するもの

ページの先頭に戻る
前のページに戻る