受験生の方へ

ホーム >  受験生の方へ >  入試情報・募集要項 >  アドミッション・ポリシー >  工学研究科(博士前期課程)アドミッション・ポリシー

工学研究科(博士前期課程)アドミッション・ポリシー

アドミッションポリシー

-人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的-

工学は,科学技術の創造を通して,人類の幸福に寄与する役割を担う。工学研究科では,確かな専門知識と高い倫理観を有し,自然や環境と調和した人間社会の豊かな発展に貢献できる高度専門技術者や研究者等を養成する。また,地域の研究拠点となることを目的に,基礎的研究から最先端技術の開発まで,工学に関わる幅広い学問分野の教育研究を推進する。

博士前期課程各専攻の目的は,以下の通りとする。

産業創成工学専攻

ものづくりを支える繊維,バイオ,化学,機械関連の工業技術と技術経営を融合し,繊維,眼鏡,炭素繊維複合材料といった地域の特色ある産業から自動車や航空機,医工学機器等の各種産業の活力的な発展に資する研究開発とその教育を行い,繊維・機能性材料の開発,ライフサイエンスの発展,ニーズに応えるものづくりや技術経営に根差した「ことづくり」を担う人材を育成する。

安全社会基盤工学専攻

エネルギーの安定的確保や持続可能な都市・地域のための社会基盤実現が社会から強く求められている中,そのような安全・安心で快適・効率的な社会を創造し持続させるために必要な社会の抱えているリスクの軽減や人類の利便性の向上に資する研究開発とその教育を行い,持続可能な社会の創造に必要な技術革新に取り組み,新たな社会基盤技術の創出に貢献する人材を育成する。

知識社会基礎工学専攻

第3次産業革命(情報・通信)および第4次産業革命(ロボット・知能システム)の技術革新を利活用して,人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会(Society5.0)の実現に向けた,知識基盤社会に資する基礎研究およびその教育を行い,Society5.0で示された新しい知識・情報・技術が社会のあらゆる領域で活動の基盤として飛躍的に重要性を増す社会である「知識基盤社会」を支える工学を担う人材を育成する。

求める学生像

「フレッシュな感性と学問への強い情熱」

  1. 専門分野の高度な研究に主体的に取り組む人
  2. 未来社会を支える科学技術の創造と開発に意欲のある人
  3. 人間社会の持続的発展に寄与する研究開発をグローバルな視点から進める人

入学者選抜の基本方針

工学研究科博士前期課程の入学者選抜方法として、推薦選抜、一般選抜、外国人留学生特別選抜、社会人特別選抜を行う。

推薦選抜は、

成績が優秀で人物ともに優れ、在籍する大学の学長又は学部長等が責任を持って推薦できる者を対象とし、口述試験及び面接、書類審査の結果を総合して判定する。

一般選抜では、

原則として、基礎科目、専門科目、外国語科目の試験を課し、その結果と学部での成績、口述試験及び面接、書類審査の結果を総合して判定する。

外国人留学生特別選抜は、

国費外国人留学生又は私費外国人留学生として入学を希望する者で、成績優秀な者について、学力検査を免除し、口述試験及び面接、書類審査の結果を総合して判定する。

社会人特別選抜では、

企業等に勤務している者を、所属長からの推薦に基づき、原則として、外国語科目(英語)、口述試験及び面接、書類審査の結果を総合して判定する。

ページの先頭に戻る
前のページに戻る