受験生の方へ

ホーム >  受験生の方へ >  入試情報・募集要項 >  アドミッション・ポリシー >  工学研究科(博士前期課程)アドミッション・ポリシー

工学研究科(博士前期課程)アドミッション・ポリシー

アドミッションポリシー

(1)養成する人材像

工学研究科では,確かな専門知識と高い倫理観を有し,自然や環境と調和した人間社会の豊かな発展に貢献できる工学系人材を養成します。特に,博士前期課程では,スペシャリストとしての専門の深い知識と同時に,分野の多様性を理解し,他者との協調の下,異分野との融合・学際領域の推進も見据えることができるジェネラリストとしての幅広い知識・俯瞰的視野を持つ高度専門技術者及び研究者等を養成します。

 

○産業創成工学専攻

化学やバイオ,機械に関連する基盤技術に関する知識と技術経営を融合し,繊維等の特色ある地域産業や自動車等の輸送機器産業,医療や農業,食品産業などのさまざまな産業・分野における活力的な発展に資する研究開発とその教育を行い,「ものづくり」に加え「ことづくり」をも担う高度専門技術者及び研究者等を養成します。

 

○安全社会基盤工学専攻

エネルギーの安定的確保や持続可能な都市・地域のための社会基盤実現が社会から強く求められて いる中,そのような安全・安心で快適・効率的な社会を創造し持続させるために必要な社会の抱えているリスクの軽減や人類の利便性の向上に資する研究開発とその教育を行い,持続可能な社会の創造に必要な技術革新に取り組み,新たな社会基盤技術の創出に貢献する高度専門技術者及び研究者等を養成します。

 

○知識社会基礎工学専攻

第3次産業革命(情報・通信)および第4次産業革命(ロボット・知能システム)の技術革新を利活用して,人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会(Society5.0)の実現に向けた,知識基盤社会に資する基礎研究およびその教育を行い,Society5.0で示された新しい知識・情報・技術が社会のあらゆる領域で活動の基盤として飛躍的に重要性を増す社会である「知識基盤社会」を支える工学を担う高度専門技術者及び研究者等を養成します。

 

(2)求める学生像

(2-1)能力,意欲等

工学研究科博士前期課程では,養成する人材像を踏まえ,以下のような入学者を求めます。

1.専門分野の研究に取り組みたい人

2.未来社会を支える科学技術の創造と開発に意欲のある人

3.人間社会の持続的発展に寄与する研究開発をグローバルな視点から進めたい人

 

(2-2)入学までに学習・修得しておくことが期待される内容

志願者には,志望する専門分野の基礎知識(大学卒業程度)とその活用方法,論理的思考力,英語の能力などを身に付けておくことを期待します。

 

(3)入学者選抜の基本方針

多様な背景を持った学生の受入れを進めるため,推薦選抜,一般選抜,外国人留学生特別選抜,社会人特別選抜を実施します。それぞれの選抜においては,求める学生像を踏まえ,志願者の能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価・判定します。

以下において,下線が引かれた学力検査や資料等は判定にあたり重視するものです。ただし,下線が引かれていないものでも,評価結果が著しく低い場合には,判定に大きく影響します。

 

推薦選抜は,成績が優秀で人物ともに優れ,在籍する大学の学長又は学部長等が責任をもって推薦できる者を対象とします。口述試験及び面接,書類審査により,志望する専門分野の基礎知識および意欲・適性等を総合的に評価・判定します。

 

一般選抜では,原則として,基礎科目,専門科目,外国語科目の試験を課します。その結果と学部での成績により,志望する専門分野の基礎知識や英語の能力等を評価します。さらに,口述試験及び面接,書類審査により意欲・適性等を評価します。これらの結果を総合して評価・判定します。

 

外国人留学生特別選抜は,国費外国人留学生又は私費外国人留学生として入学を希望する者で,成績優秀な者を対象とします。学力検査を免除し,口述試験及び面接書類審査により,志望する専門分野の基礎知識および意欲・適性・目的意識等を総合的に評価・判定します。

 

社会人特別選抜では,企業等に勤務している者で所属長からの推薦を受けた者を対象とします。口述試験及び面接書類審査により,志望する専門分野の基礎知識および意欲・適性等を総合的に評価・判定します。

 

知識社会基礎工学専攻の知能システム科学コースと情報工学コースの志願者に対しては、全ての選抜において、情報あるいは数学の基礎学力を確認します。

ページの先頭に戻る
前のページに戻る