受験生のためのFUKUDAI LIFE

医学部

心がつらい人に 音楽を届けたい

4歳からヴァイオリンを始め数々の賞を受賞した近藤さん、クラシックに精通する中川さん。二人の出会いは4年前。共通の友人の集まりで音楽を話題に意気投合しました。「ヴァイオリンで多くの人に音楽を届けたい」近藤さん。中川さんは「楽器は弾けないけれど[...]

家族と地域の 未来を創る医療

精密機器に欠かせない除振  当たり前のことに思われがちな妊娠と出産。しかし、日本では約2割のカップルが不妊で悩み、毎年50人近いお母さんが出産で命を落としているのです。  私の専門は不妊症の治療で、卵子を包む卵胞という袋が、卵巣で発育し排卵[...]

科捜研から学びを求めて

福井県警の科学捜査研究所で法医担当として平成24年から勤務している村橋さん。事件現場に残された血痕や毛髪などの物体検査や、被疑者を特定するためのDNA型鑑定などを行ってきました。 現在の犯罪捜査ではDNA型鑑定は欠かせません。しかし、古い血[...]

人間らしく生活するために

整形外科の幅広い役割 がんの治療も 整形外科は、骨折などの外傷、腰痛、関節痛、脊椎・脊髄や神経の障害による症状、スポーツ障害など運動器の症状を治療する診療科です。私が研究しているのは、骨や筋肉・脂肪・神経・血管などに発生する悪性腫瘍、肉腫で[...]

アレルギーに苦しんでいる 子どもたちに明るい未来を

成長とともに病態がかわる 私たちの体には、細菌、ウイルスなど体にとって有害なものを異物と認識して攻撃、排除する仕組みがあります。これを「免疫」と呼んでいます。アレルギーは、本来は体に無害なものである食べ物などに対して反応し、自分の体を傷つけ[...]

全ての経験は未来の医療へ

発表内容が掲載された冊子第117回日本内科学会講演会「医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2020」に渡邉さんと久世さんが参加しました。医学部の最終学年は医師国家試験に向けて邁進しますが、臨床実習中に担当した貴重な症例を自分たちの経験とし[...]

未来へつなぐ支援活動

新型コロナウイルスの影響で全国的に深刻なマスク不足が続いた5月。服部さんは、自分の手もとには十分なマスクがあるので、足りない人に使ってもらえたらいいのではないかと考え、県内の学生や市民から未使用のマスクの寄付を募る「ふくいからのおくりもの」[...]

AYA世代の がん患者さんに寄り添う

治療後にも続く人生とは AYA世代って聞いたことありますか?英語の「Adolescent and Young Adult(思春期から若年成人)」の頭文字が語源の年齢層。15〜39歳という定義もあります。進学や就職、恋愛などに悩み、親元を離れ[...]

心を元気にする環境にしたい「イリョウをオシャレに」を企画

 病気になっても好きな物に囲まれて暮らせたら、そんな想いからワークショップ「イリョウをオシャレに」を企画しました。医療関係者やデザイン業界、一般の人が繋がり、知識や経験を持ち寄って、患者さんができるだけ快適に過ごしてもらうためのアイデア商品[...]

全国医歯薬獣学生相撲選手権大会で優勝!

7月7日、第66回全国医歯薬獣学生相撲選手権大会が東京慈恵会医科大学で行われ、個人戦で優勝しました。 大相撲に憧れ、相撲を始めたのは6歳。中学生の時にはスカウトもされましたが、自身の体格では難しいと感じ、力士への道を断念し医学の道へ。大会[...]

結束力で勝ち取った3連覇!

8月16日から3日間、大阪市内で開催された第71回西日本医科学生総合体育大会水泳競技部門で、医学部水泳部女子が総合3連覇を達成しました。 大会は、リレーと各個人種目の8位までを入賞とし、総合は成績順に得点が加点されて決まります。レース前の[...]

先進の画像診断 認知症の解明を目指す

従来、見えなかった病変も診断 高エネルギー医学研究センターは、放射線の平和利用を目的に、画像診断や病気治療の研究に活用する施設です。近年、PET/MRIという画像診断装置を導入し、従来は見えなかった病変やがんの転移も発見できるようになりまし[...]

全国医歯薬獣学生相撲選手権大会で優勝!

 7月7日、第66回全国医歯薬獣学生相撲選手権大会が東京慈恵会医科大学で行われ、個人戦で優勝しました。  大相撲に憧れ、相撲を始めたのは6歳。中学生の時にはスカウトもされましたが、自身の体格では難しいと感じ、力士への道を断念し医学の道へ。大[...]

結束力で勝ち取った3連覇!

 8月16日から3日間、大阪市内で開催された第71回西日本医科学生総合体 育大会水泳競技部門で、医学部水泳部女子が総合3連覇を達成しました。  大会は、リレーと各個人種目の8位までを入賞とし、総合は成績順に得点が 加点されて決まり[...]

サクソフォンの音色で「ハートフル」を届ける

医学部附属病院のがん体験者の会「みのり会」で患者さんやご家族に癒しの音楽を届けたいと、北出さんは「ハートフルコンサート」を企画しました。 サクソフォンは12歳の時に地元の音楽教室で習い始め、現在は国内屈指の市民吹奏楽団で活動しています。高校[...]

米国医師免許試験(USMLE)Step1に学部生で初めての合格!

米国の医師免許試験(USMLE)の「Step1」に好成績で合格した木下さん。米国で医師として働くことも視野に、まさにステップを踏み出しました。 米国で医師として働くために必要な国家資格が得られるUSMLEでは、Step1~3の三つの試験(1[...]

憧れはマザーテレサ 世界の女性を支援できる 助産師になりたい

お産は千差万別、 助産師のケアが妊婦さんの力を引き出す  子どもの頃から人の役に立つ仕事に憧れがありました。看護職に興味を持ったのは、近所の病院で働く看護師さんの姿を見て、自分もあんなふうになりたいと思ったことがきっかけです。中学生の時に大[...]

匂いの感覚から 人間の心を探究する

嗅覚から「刷り込み」の仕組みの解明へ カモの雛が孵化して初めて見た動くモノを親であるかの様に生涯後追いする「刷り込み」という現象。私達はマウスの嗅覚系において、生まれて7日目までに嗅いだ匂いは忌避すべきものであっても好ましいとして刷り込まれ[...]

サクソフォンの音色で「ハートフル」を届ける

 医学部附属病院のがん体験者の会「みのり会」で患者さんやご家族に癒しの音楽を届けたいと、北出さんは「ハートフルコンサート」を企画しました。  サクソフォンは12歳の時に地元の音楽教室で習い始め、現在は国内屈指の市民吹奏楽団で活動しています。[...]

米国医師免許試験(USMLE)Step1に学部生で初めての合格!

 米国の医師免許試験(USMLE)の「Step1」に好成績で合格した木下さん。米国で医師として働くことも視野に、まさにステップを踏み出しました。  米国で医師として働くために必要な国家資格が得られるUSMLEでは、Step1~ 3の三つの試[...]

1 2 3 4 5
ページの先頭に戻る
前のページに戻る