教育地域科学部附属特別支援学校の生徒が自作の工芸品を披露しました。

ホーム > ニュース >  教育地域科学部附属特別支援学校の生徒が自作の工芸品を披露しました。

6月14日に教育地域科学部附属特別支援学校の生徒が、自分たちで制作した小皿や花瓶、はがき等の工芸品80点余りを福田優福井大学長や理事らに披露しました。作品は一点一点手作りで、約3週間〜3カ月かけて作られ、個性あふれる作品に仕上がりました。披露にあたり、生徒からは、作品が完成するまでの様々な制作工程や、作品への強い思い、次に取り組みたい作品について話があり、現状の作品をさらに良くしたいという高い志がうかがえました。石井バークマン麻子附属特別支援学校長からは、「生徒が思いを込めて作品を作り、自分たちでレイアウトを考えながら展示し、見た人の感想が生徒にフィードバックされることで、生徒の学習意欲向上につながる」とコメントがありました。作品は、大学事務局の応接室に展示され、学内者だけでなく来学者も鑑賞することができます。

│ 2012年6月19日 │