受験生のためのFUKUDAI LIFE

工学部

ふくい学生祭 キャンパスを飛び出して

工学部物理工学科3年の青山泰之さんが、福井県立大学、福井工業大学、仁愛大学、仁愛女子短期大学、福井大学の5大学の学生とともに行う「ふくい学生祭」の実行委員長を務めています。 「ふくい学生祭」は、大学生ならではのイベント〝学祭〞で、福井大だけ[...]

杉浦拓己さん

福井大学は、学科の隔てなく交流できるのが魅力。私は学生広報スタッフとしても多くの人々と関わり、また多くの交流から人間力を高めています。人間の知能や心の仕組みが学べる学科なので、たくさんの人と出会い、勉強も遊びも、今しかできないことを思いっき[...]

森下 剣さん

自然の原理や法則を解明し、エネルギー分野が学べる学科です。どんなことでも学生が自由に試せる場所があるので、電気回路を作成したり、液晶テレビを分解したりいろいろ取り組んでいます。講義も面白くて、物理がもっと好きになりました。 [...]

大阪一主さん

一般の方が受講できる科目もあり、地域社会に密着した大学です。学科をまたいで受講できる「学際・実験実習」では、プログラミングを教えてもらい、とても興味が持てました。創造的なバイオテクノロジー分野を幅広く学び、国際的に活躍できる技術者になりたい[...]

髙松直矢さん

化学と物理が好きで両方を学びたいと思い、どちらの学問も体現していた材料開発工学科を選びました。さまざまな素材に触れる機会があり、広い分野で研究が行われているのが魅力。将来は化学分野の職業に就きたいので、熱力学や設計力学をしっかり学びたいと思[...]

小野宏介さん

将来はIT関係の仕事に就きたいと思っていて、プログラミングの勉強をしています。就職率の高さが福井大学のすごいところ。わからない学生がそのままにならないよう、念入りに指導してくださる先生方の姿勢が就職率の高さにもつながっているのだと思います。[...]

秋山直輝さん

共通教育科目が多く、所属の学科と違う分野のことでも興味があれば自由に学べます。電気・電子工学科では、2年次の後期から学生実験が始まり、自分の力で結果をレポートにまとめます。専門に入る前に、しっかりと基礎を固めて、本格的な研究に備えたいと思い[...]

高田耕太さん

機械工学科では、機械について幅広く学べますし、フォーミュラカーの製作活動を通して一つひとつの課題を解決していくプロセスが身につけることができます。先生や先輩、同級生が課題解決のために協力し合う校風があり、それが大学の魅力だと思います [...]

観客の視点に立った映像技術で新感覚のスポーツ観戦をめざす

映像をもっと楽しむ方法 スマートフォンで動画撮影をしたり、誰かが撮影した動画を投稿サイトで見たりと、映像がとても身近になっています。でも、自分一人で撮影できる範囲は限られていますし、タイミングを逃すことがあるかもしれません。いっそのこと、み[...]

繊維学会秋季研究発表会で若手優秀発表を受賞

繊維は衣服に使われるだけではなく、新たな機能を付与することで、工業、化学分野でも最先端の技術として進化しています。大学院工学研究科 繊維先端工学専攻 繊維材料科学分野(中根 幸治教授)では、静電紡糸法で作製したナノ繊維の応用開発、高機能性繊[...]

第14回キラリティーへの化学的アプローチに関する国際シンポジウム優秀ポスター賞受賞

<共同受賞> 大学院工学研究科 博士後期課程 総合創成工学専攻1年 高松 直矢さん、 工学部 材料開発工学科4年 笹井 太一朗さん 東京理科大学総合研究機構キラリティー研究センターが主催する「第14回キラリティーへの化学的アプローチに関する[...]

「平成27年度有機合成化学北陸セミナー 優秀発表賞」を受賞

石けんやアルコールなど私たちの身の回りにある有機化合物は、人類の歴史にわたってさまざまな形で応用され、物質の可能性を広げてきました。さらに、人類は様々な化学反応により、有用な有機化合物(薬や機能性材料)を合成しています。 良く知られている化[...]

第49回米国機械学会 配管と圧力容器強度に関する国際会議 第23回Rudy Scavuzzo杯争奪学生セッション学士・修士部門第1位

第49回米国機械学会 配管と圧力容器強度に関する国際会議(ASME2015Pressure Vessels & Piping Conference)の中の第23回Rudy Scavuzzo杯争奪学生セッション(Rudy Scavuz[...]

IEEE主催の国際会議(IMFEDK2015)で学生発表賞を受賞

次世代の半導体の開発につながるパワーエレクトロニクス分野では、電気の利用形態に応じて電力を高効率に変換し、大電力化と省エネ化を実現する技術開発が急務です。本学大学院工学研究科、電気・電子工学専攻の葛原正明教授の研究室では、電力変換を効率的に[...]

アジア太平洋EPR/ESR学会-国際EPR(ESR)学会- 第53回電子スピンサイエンス学会合同国際会議(APES-IES-SEST2014) SEST学生優秀研究賞受賞

物理工学専攻 物性・電磁物理講座 磁性グループ(藤井 裕 准教授)では、固体の磁気的性質を基盤にした新しい量子力学的効果の発見を目指しています。新たな現象の観察によって、量子力学に支配される物質の性質を明らかにできれば、今までにない機能や性[...]

情報処理学会北陸支部 優秀論文賞を受賞 情報安全工学研究室

原子力・エネルギー安全工学専攻・情報安全工学研究室(小高知宏教授)では、知的活動をモデル化して工学的な利用を研究し、情報セキュリティ技術にも応用しています。コンピューターネットワーク上で安全・安心な情報システムづくりを進めています。 位置情[...]

相撲ロボットに挑む! ~からくり工房I.sys~

「相撲ロボット」は、タイヤで走る機体同士が鉄板の土俵の上でぶつかり合うロボット競技です。基本的なルールは20cm四方で重さ3kg以内のロボットで試合をし、先に土俵から出た方が負け。ロボットは金属製でしかも高電圧を使用し高速で動きまわるので危[...]

マイクロマウス中部地区初級者大会で優勝!

名古屋工学院専門学校で9月7日に開催された「第29回 マイクロマウス中部地区初級者大会」において、マイクロマウス ロボトレース競技の部門で電気・電子工学科の赤尾 健太さんが優勝しました。マイクロマウスは、小型の移動ロボット。大会の規定に沿っ[...]

IEEE主催の国際会議(IMFEDK2014)で学生発表賞を受賞

電気・電子工学専攻 電子デバイス研究室(葛原 正明教授)は、青色LEDに使われている窒化ガリウムをパワー半導体に応用し、電力を効率的に制御する次世代技術を開発しています。世界に先駆けて高速・高耐圧で動作する新構造の窒化物半導体をインバーター[...]

日本設備学会北信越支部研究発表大会において敢闘賞を受賞

知能システム工学専攻・ヒューマンインタフェース研究室(小越康宏准教授)では、ヒトの活動や表情などの様々な特徴を捉え、機械に反映させるプログラミングを構築しています。特に、障害者や高齢者が自立した社会生活を送る上で、不便さを補うシステムづくり[...]

1 2 3 4 5 6