受験生のためのFUKUDAI LIFE

ホーム >  受験生のためのFUKUDAI >  教育地域科学部

教育地域科学部

日本ユネスコ協会主催のユース・スタディー・ツアー(ベトナム)に参加

ベトナムの寺子屋を訪問して/芦川那津美(教育地域科学部3年) 日本ユネスコ協会主催のユース・スタディー・ツアーに参加して、8月2日~17日に、私はベトナムに行ってきました。ツアー参加者は日本人が14人、全国のユネスコ協会から集まった高校生と[...]

島田宗弥さん・坂本悠輔さん

入学前と入学後で福井大学の印象は変わりましたか? 島田:大学は一人ひとりが個別に活動するのかと思っていましたが、逆に人とつながる機会が多いんだなと感じています。学生研究室は学生のたまり場になっていて、先輩や友達の交流の場にもなっています。 [...]

前澤はるかさん・松浦未奈さん・松田あゆみさん

福井大学の教育実践科学コースはどんな特徴がありますか? 前澤:ゼミなどを全学年で行うことがあり、授業を通じて先輩や後輩とも交わる機会が持てるのが魅力です。最初は先輩の話していることがわからなかったけど、学年が上がるにつれてわかるようになって[...]

天谷豪志さん

自然が好きなので、環境問題について勉強したいと思いました。環境を勉強するなら、自然が豊かな福井が合っていると思ったので福井大学に決めました。 実際に入学してみると、福井の自然は環境問題を勉強するのに非常に適していると思います。美山町の河原で[...]

北風裕子さん

小学生の時、障害児教育に携わっている先生の姿に憧れました。高校生の時に初めて障害を持った子どもと関わるボランティアに参加しました。そこで出会った子はどこにでもいる普通の子。良く知り合ってみると、その子が持っている障害はその子の個性だと気づき[...]

高田慎也さん

美術教育サブコースは絵画をはじめ、彫刻、デザインなど、あらゆる分野を学べます。先生方は作家としても活動しており、学生は先生方のクリエイターとしての意識に触れることもでき、良い刺激を受けています。 美術教育サブコースは人数が少ないため、同学年[...]

身近な題材から数学を見つめる

「折り紙」の作図可能性 数学的視点から折り紙を見ています 平面図形や立体など様々な図形や空間の性質について探究する「幾何学」。福井大学では教員を養成する学部に在籍していることもあり、誰でも興味を持てる題材を研究しています。 例えば「折り紙」[...]

高齢者の転倒を防ぎ、豊かな生活を支える

実は怖い転倒のリスク 皆さんは転んで痛い思いをしたことがありますか? 転倒は誰にでも起こりうるものです。若い皆さんが転んでも、重大な事故には繋がりにくいですが、高齢になると、転倒がけがや骨折の原因になるだけでなく、入院や介護が必要となったり[...]

障がいのある子どもたちの可能性を伸ばす教育

可能性を引き出す係わり手の条件 障がいのある子どもたちへの教育(特別支援教育)を専門としています。その中でも、重い障がいを抱えていたり、いくつかの障がいを合わせもつ子どもたちに注目し、彼らの可能性を伸ばす「支援のあり方」「係わり手の条件」に[...]

膨大な史料から真実を見出す

決定打は小さな新聞記事 皆さんは、ヨーロッパにおける封建制から自由な民主制への移行は、フランス革命をはじめとした革命運動によって実現した、と習いませんでしたか?実はそれ、事実ではないかもしれません。 私は、大学院生の頃から、東・中央ヨーロッ[...]

子どもの特性に合った最適な係り方とは

着目したのは「ライフパートナー」 学校に居づらい、授業についていけない、じっと座っていられないなど、悩みや問題を抱える子どもに、あなたならどのように接しますか? 学校教育課程の学生は、卒業までに必ず、派遣依頼のあった小中学校や家庭等に出向き[...]

つながりの中で自分の能力を飛躍的に高めていく

子どもたちに即時的に係わる グループで活動して発表し、教員から最後に上手くいっていなかったねとか、こういうところが良かったねとコメントされた経験があると思います。 効果的な授業、学習を行ううえで、こうした学習場面での係わり方をより深くするこ[...]

さまざまな観察で直物の目に見えない実態を掴む!

植物を分類する さて、いきなりですが、キャベツ、ブロッコリー、レタス、カリフラワーの中で系統が異なるものはどれだと思いますか。これらの野菜は小中学校の理科の授業でも触れているものですが、理科教育を学んでいる学生にも難しい問題 です。花や葉の[...]

「ひとりじゃないよ。」医師・研究者として保育を応援

様々な悩みを抱える先生たち 他の子に比べると理解が遅い、こだわりが強い、集中力が続かないなど発達の気がかりな子の保育は、担任の先生が一人で抱え込むと辛いもの。私は、保育園や幼稚園に直接うかがったり、定期的に研究会を行ったりして、悩みを抱える[...]

「なぜ社会科を教えるか」「どのように社会科を教えるか」

社会科は暗記科目?「NOでしょ!」 皆さん、社会科にどんなイメージを持っていますか?「暗記ばかりで大変」「退屈」といったところでしょうか?日本では社会科=暗記というイメージが定着しているかのようですが、実は海外の社会科教育は、日本とはかなり[...]

「教育・生涯学習」から ジェンダー平等を目指す

私は、社会的・文化的に作られる性差「ジェンダー」を教育・生涯学習の側面から研究しています。研究のきっかけは、高校時代に持った違和感です。当時、家庭科の授業や避妊・妊娠中絶などの性教育を受けるのは女子だけでした。男女が共に責任を持つべきことな[...]

運動パフォーマンスの発揮を科学的に研究

プレッシャーは運動機能に影響を与える プレッシャーによるスポーツ動作の変化を検討 スポーツ大会やピアノの発表会など、大きなプレッシャーがかかるとき、体に余計な力が入るなどして自分の実力を十分に出し切れなかった経験はありませんか? このように[...]

すべての子どもが学べる保育・授業を

研究について 様々な素材を使って、子どもたちが力を合わせて活動を展開していくプロセスを追っています 主に、幼稚園や小学校で、保育や授業に参加できない子どもたちの支援方法について研究しています。子どもたちについてだけでなく、子どもたちを支援で[...]

教育における非言語行動

「教師」という職業 「教える」とはどのようなことなのか?先生とはどのような人たちなのか?この疑問が、「教育」に興味をもつきっかけとなりました。教師はどのような環境で働いているのか、どのように成長し、職業能力を獲得していくのか、またどのような[...]

子どもの遊び空間を考える

子どもの発達を支える生活環境 子どもが発達していく上で子どもが過ごす空間はどのように影響するのか……。私はこの点に着目し、その中で子どもにとって最も重要である生活環境の中でも“遊び空間”と“保育空間”について調査しています。 家型保育の重要[...]

1 2 3